2020年12月16日~2021年1月15日締切分



コロナウイルスの感染が続き、大都市に住む俳人は吟行へも句会へも行けず、ストレスが溜まりっぱなしです。「かつらぎ」では、この新WEB句会、インターネット句会、ズーム句会などを通じて少しでも俳句に親しむ機会を作り続けたいと思っています。今年もよろしくお願いします。
  かつらぎ主宰 森田純一郎

特選1
グレコ逝く枯葉のときを待つごとく(如く) 内田あさ子

「枯葉」で有名な仏シャンソン歌手・ジュリエット・グレコさんが昨年9月23日に亡くなりました。そのことをタイムリーに捉えて、枯葉という季語を斡旋した極上の一句と言えるでしょう。ごとくはひらがなにした方が良いと思います。

特選2
空と海しづかに分かれ初茜        大久保佐貴玖

初茜、つまり元日の明け方に現れる明かりのことを詠んだ句です。一瞬見逃してしまいそうな地味な句ですが、「しづかに分かれ」という表現に作者の詩人としての才を感じる一句です。

特選3
マンションの際の際まで慈姑掘る     広田祝世

水田に栽培される慈姑は、宅地開発で一時減少した地域においても今はまた吹田慈姑などの新たな名産品として復活しているそうです。マンションの際の際という表現が巧みです。

入選1
【21】日本人今し宇宙に冬銀河    鳥居範子

昨年11月、冬の夜空に打ち上げられた国際宇宙ステーションに搭乗する野口飛行士を詠んだ時事句です。

入選2
【52】裏返し置きある如露や室の花  巻木痺麻人

フレームの中で花に水をやった後に如雨露が裏返して置かれていることを詠んだ写生句です。光景が伝わります。

入選3
【87】パソコンのフォルダ移動も年用意 森田教子

現代社会に生きる我々にとっては、パソコンの中のフォルダーの整理も年用意の重要な仕事の一つでしょう。

入選4
【109】青き地球想ふ表紙絵読始む   山崎圭子

今年の「かつらぎ」の表紙を詠んでくれたのでしょう。世界中に澄み切った空気が戻ることを心から祈ります。

入選5
【148】去年今年わたしの時間見つからず 田島かよ

仕事も持つ主婦の句だと思います。去年今年という季語の現代的な詠まれ方だと思いました。

以下、次点句です、添削したものもあります

【6】茶の間よりズームで交はす御慶かな 西本陽子

【8】旅鞄かたへに女寒念仏       武田順子

【10】獺祭の書斎そのまま年明くる   吉浦 増

【15】百丈岩切り立つ山の眠りけり   竹内万希子

【18】煎餅を噛む音立てて冬籠(り)  津田つる子

【24】初氷覆ひ尽くせり神の池     足立 恵

【25】寒紅を拭ひいただく御神酒かな  前田野生子

【33】志望校なべて列挙し受験絵馬   鳥居範子

【36】開拓を偲ぶ釣瓶井注連飾る    古谷彰宏

【43】吾老いていよいよ目深冬帽子   中野勝彦

【49】語り部はあの日生れし子阪神忌  長谷阪節子

【50】デミグラスソースの匂ふ二日かな 内田二歩

【68】海きらら室の津冬と思はれず   広田祝世

【70】筋塀の内に音して羽子日和    平田冬か

【75】巫女の細きおよびの淑気かな   宮原昭子

【85】どんど火の灰の浮かべる茶碗酒  平田冬か

【93】行書楷書草書ひらがな吉書揚ぐ  村手圭子

【97】ぽつぺんを鳴らす卒寿の息ゆたか 木村由希子

【98】一穢なき雪を踏みしめいざ句会  吉浦 増

【104】神杉の幣いや白き淑気かな    前田野生子

【108】遠富士を眺めとしたる恵方道   和田容子

【112】見られゐることを知りたる春着の娘 木村由希子

【118】太郎冠者ござるござるに初笑   田島もり

【127】漁夫の故事ありて賑は(わ)ふ初戎 長谷阪節子

【128】護摩堂に煤の歳月節分会     吉浦 増

【129】糞こぼしたる一頭も騎馬始    古谷彰宏

【134】寡黙なる句友と冬日分かちあふ  宮原昭子

【139】今年又小さくなりし飾り焚く   村手圭子

【143】書き直し又書き直し初便り    阪野雅晴

【147】隣家の子威儀を正して御慶述ぶ  高橋宣子

【154】日記買ふ十年分の未来買ふ    糸賀千代