[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / ]


(new) みどう俳壇 名前: 敷島鐵嶺 [2022/05/26,09:05:42] No.3264 返信 (t)
みどう俳壇森田純一郎先生選2句 6月10日ハガキで必着締切です
前回は投句された方が少なかったそうです。
宜しくお願い申し上げます。郵便がかなり遅れていますのでお早めに

https://www.minamimido.online/midohaidan/%E6%F3..

>> (new) 皆さんの投句をお待ちします 名前: 森田純一郎 [2022/05/26,23:20:58] No.3265
鐵嶺さん

いつも各種投句の締切日お知らせありがとうございます。

みどう俳壇は真宗大谷派の俳句募集ですが、あまりむずかしく考えずに、自然を写生した句であれば、問題ありませんので、かつらぎの皆さんお気軽に投句してください。

他の宗派や宗教の句は避けると言っても難しいと思いますので、自然詠を出されるのが一番良いと思います。また、地域は問いませんので、関東、東海、中四国、紀の国、北海道、九州どこからでもご投句ください。

よろしくお願いします。


(new) 画像タイトル: 鈴蘭 -(Diet 316 KB→66 KB)

無題 名前: 紫水 [2022/05/25,17:43:47] No.3262 返信 (t)
味気はないけど灯油タンクの下で咲いてる。
 初夏の今の季節は最高です。
>> (new) 無題 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/25,18:06:27] No.3263
紫水 様

北海道のスズランの花、ちょうど開き始めたところのようですね。
白色がまばゆい感じです。いい香りがするのでしょうか。
有難うございます!


画像タイトル:寺家ふるさと村・四季の家にて -(91 KB)

東京支部句会令和4年5月寺家ふるさと村吟行 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,10:32:47] No.3256 返信 (t)
5月21日(土)小雨の寺家ふるさと村の田んぼ地帯(横浜市郊外)を12 名が吟行しました。(欠席投句8名)

兼業農家が主に手作業でコメ作りを行っています。
先ずは田の草刈り中、代田、植田など進行状況は様々でした。

句会の前に、純一郎先生が選者をなさって居られる「みどう俳壇(4月号裏表紙参照)・伊丹の一句(支部だよりの鐵嶺さんの記事参照)・ねんりんピックかながわ(5月号表紙裏参照)などへ積極的に投句されるよう要請しました。
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,10:49:13] No.3257
写真は5月号巻頭の野村親信さんが撮りました。

句会後の「かつらぎ例会報勉強会」で皆様の心に響いた1句は次の通りです。松江の吉浦増さん、静岡の伴野ひろ美さん、欠席投句の方からも御寄せ頂きました。

 桃咲きて紀の川堤らしくなる  型学び型を破らん傘雨の忌
 伊賀越の道に飛び立つ雉子かな 潰すのは嫌と頬張る大苺
 山門のしきいの高し花疲れ   雛の間テレビは戦禍映しをり
 時ならぬ桜隠しや吉野山    もう八時いやまだ八時大朝寝
 寝ころんで雲と交信クローバー 惜しげなく鋤く満開の蓮華畑
>> 無題 名前: 紫水 [2022/05/24,16:41:01] No.3258
  みなさん、健康そうでなによりです。
 楽しい生活が一番ですネ。
 北の辺はいよいよ暖かくなり、布団なしでも
 毛布で大丈夫の頃となりました。
>> 良いところを吟行されましたね 名前: 森田純一郎 [2022/05/24,22:30:24] No.3259
関東支部の皆様

寺家ふるさと村の写真拝見しました。とても良い吟行地ですね!皆様のお元気そうなお顔を拝見出来て嬉しいです。

靖国神社の「みたま祭」に今年も短冊を揮毫致しました。拙筆ですが、7/13から7/16の間、他の俳人の先生方と共にご神前にお並べいただけるそうですので、関東在住の誌友の方々の中で、行かれるついでがあれば見てくださるとありがたいです。

また、今週土曜には「関西俳句大会」にて「かつらぎの師系」と題して1時間講演します。最近講演付いておりますが、内容は俳人協会の機関紙「俳句文学館」に掲載されますのでご覧になってください。
>> 住吉大社観月祭献詠 名前: 敷島鐵嶺 [2022/05/25,05:03:32] No.3260
素晴らしい吟行会ですね いつか参加したいと願っております。 ところで主宰が選者をされます 住吉大社観月祭献詠もぜひご応募くださいませ。
>> (new) 無題 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/25,07:39:03] No.3261
純一郎先生 紫水様 鐵嶺様

いつもコメント有難うございます!
純一郎先生の俳人協会の講演は内容がとても深く充実していて、東京支部句会の皆様が拝聴しています。関西大会での講演録も楽しみです。
靖国神社、久し振りに吟行したいと思います。

紫水さんのリラの花の写真、北の大地の開拓時代にも思いを馳せます。
そろそろスズランの花の季節でしょうか。

鐵嶺さんの毎回の御案内、本当に助かります。有難うございます!


画像タイトル:幼稚園の田んぼ -(120 KB)

東京支部句会令和4年5月寺家ふるさと村吟行 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,10:14:53] No.3255 返信 (t)
5月21日(土)午前中、雨の中を幼稚園児が園が保有する田んぼに田植えをしたそうです。
日程が決まっているので雨でも実行したのですね。

写真は田植え後の様子です。苗は全く列なさずです。


画像タイトル:溜池の鳰の子 -(115 KB)

東京支部句会令和4年5月寺家ふるさと村吟行 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,10:07:21] No.3254 返信 (t)
田んぼの上手に幾つかの溜池があり、その一つに鳰の子が三羽親鳥にまつわりついていました。

フェンス越し、草越しなので写真でははっきりしません。

親が潜り魚を咥えて浮き上がりました。三羽の雛は餌を欲しがりますが
直ぐには与えません。もぐもぐと噛み砕いている様子です。
子を育てる親の有難さを見せて貰いました。


画像タイトル:寺家ふるさと村の代田 -(149 KB)

東京支部句会令和4年5月寺家ふるさと村吟行 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,09:54:40] No.3253 返信 (t)
小雨の代田です。

兼業農家は主に土曜日曜に農作業を行うので、天気が気になるのですね。
稲作は作業ステップが多く、田植えに適する時期が短いのだそうです。


画像タイトル:寺家ふるさと村の田んぼ -(100 KB)

東京支部句会・令和4年5月寺家ふるさと村吟行 名前: 古谷  彰宏 [2022/05/24,09:38:22] No.3252 返信 (t)
5月21日(土)小雨の吟行となりました。

谷戸の水田を兼業農家が主に手作業で稲作を行っています。
この写真の男性は50歳代、長刀鎌で田んぼの草刈り作業中です。
時々、畦に置いた砥石で長刀鎌を研いでいました。



新ウェブ句会互選 名前: 敷島鐵嶺 [2022/05/24,06:15:17] No.3251 返信 (t)
新ウェブ句会にご参加の皆様 5月の互選締切は25日23時です。
夏雲での締切ですので機械的に締め切られます。
どうぞお忘れ無く


関西在住の方へ 名前: 森田純一郎 [2022/05/22,14:49:00] No.3250 返信 (t)
坪内稔典さんからの案内です。関西在住で行ける人は行ってあげてください。私が選者に加わった伊丹市の事業ですし、木割大雄さんは、尼崎俳句大会でご一緒しているので、私も何も予定入らなければ行こうかと思っています。

市立伊丹ミュージアム「酒と俳諧」展関連行事 夕べの談話会
2022年6月1日(水)午後4時から
場所 市立伊丹ミュージ アム講座室
話題 下戸の言い分―酔っぱらい達との交友録
話者 木割大雄さん
(昭和13年生。句集『虎酔俳句集』ほか。俳句雑誌「カバトまんだら通信」主宰。尼崎市在住。「 酒と俳諧」展に酒の句の色紙、エッセーを展示中)
司会 坪内稔典(市立伊丹ミュージ アム名誉館長)
参加費 1000円(内200円は柿衞文庫コレクション「酒と俳諧」展観覧料)

※申し込みは不要です。直接、会場へお越しください(4時10分開場)
※問い合わせは市立伊丹ミュージ アムへ。
電話072−772―595


ねんりんピックかながわ投句 名前: 敷島鐵嶺 [2022/05/22,11:04:28] No.3249 返信 (t)
ねんりんピックかながわ 湯河原での投句申込5月31日までです。
2句投句出来ます。
純一郎主宰も事前投句選者のお一人です。
皆様ぜひご応募くださいませ。下記からネット投句出来ます。無料です。
https://www.nenrinpic.net/haiku/





( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!