[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


(new) 画像タイトル:芭蕉記念館・分館での句会 -(72 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所の国技館 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:33:32] No.1417 返信 (t)
1月18日(土)は本当に寒い日でした。
朝から、霙(みぞれ)が降り続き大寒のような寒さでした。

かつらぎ1月号、第二席の栗原勝風さんに、大きな拍手で御祝いを申し上げました。
>> (new) 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,20:54:00] No.1418
12月の例会報には、関東の住人には分からない固有名詞が出て来ました。「くすり道」とか「どんどろ大師」とか。インターネットで予習して勉強になりました。

句会後の例会報勉強会で皆さんの心に響いた1句は次の通りです。
 聖母像囲みゐる木々枯れ知らず  兵の墓増ゆることなき国の春
 流派超え好まるる御句青畝の忌  煤逃げや昭和のままの喫茶店
 大根干す傾きやすき峡の陽に   見返ればやはり独りや落葉踏む
 神仏同じ袋に納札        霜柱踏めば波郷のひびきあり
 太陽へつぶやく如く返り花    寒紅を強く引きゐて挫けざる
>> (new) 明けましておめでとうございます 名前: 純一郎 [2020/01/20,23:26:02] No.1419
東京支部句会はいかにも東京らしく初場所の国技館を吟行されたのですね!東京支部の皆様のお顔を拝見することが出来て非常に嬉しくまた心強く思います。是非、四月になって平日に休めるようになったら行く機会を見つけたいと思います
>> (new) 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/21,10:21:31] No.1420
純一郎先生
改めまして新年明けましておめでとうございます。今年も関東の諸句会の御指導、よろしく御願い申し上げます。
4月以降の御上京を楽しみに御待ち致して居ります。

記念写真の上に掛かっている浮世絵は、北斎の「万年橋下」で遠景に富士山、近景の橋下には小名木川を来る塩舟(江戸時代に塩を運んだ)が描かれています。
芭蕉記念館・分館は万年橋の直ぐ近くで、分館の上には露天に芭蕉像が隅田川を眺めて居られます。当日、芭蕉像の御顔には霙の雫が垂れかかっていました。
芭蕉記念館近くには深川飯(浅利飯)の老舗もあります。何時か先生を御案内出来ればと思っています。
>> (new) 無題 名前:  紫 水 [2020/01/21,17:11:36] No.1421

13名の精鋭ですね。

 いつも楽しそうでなによりです。

 こちらはいつのまにやら雪がパラパラです。

 屋根に電気を通し雪を溶かす装置がありますが

 今年はまだ動かしていない。


画像タイトル:庭園の雪吊り -(97 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所の国技館など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:25:36] No.1416 返信 (t)
庭園の雪吊りです。

霙(みぞれ)がやまず、とても見ていられない寒さでした。

句会場の芭蕉記念館・分館に行ったところ鍵がかかって居り、芭蕉稲荷(芭蕉庵の址)にお参りした後、暖房の効いた本館で暖まり分館の開場を待ちました。


画像タイトル:相撲甚句 -(106 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所国技館など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:17:17] No.1415 返信 (t)
1月18日(土)は朝から、霙(みぞれ)が降る本当に寒い日でした。

前相撲の若手力士は、霙にもかかわらず傘もささずに場所入りする姿も多く見られました。

とても見ていられない寒さで、観光案内所に逃げ込み、本物サイズの土俵上での相撲甚句を聞くことが出来ました。


画像タイトル:両国の国技館横の観光案内所の土俵 -(84 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所の国技館など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:08:51] No.1414 返信 (t)
両国国技館横の観光案内所には、本物と同じ大きさの土俵が公開されています。
土俵に御幣が立っています。


画像タイトル:初場所の国技館・行司幟も -(Diet 3069 KB→176 KB)

東京支部句会・令和2年1月清澄庭園・国技館初場所など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:01:22] No.1413 返信 (t)
初場所の国技館には力士幟に交って行司幟が立っていました。

「木村容堂」と読めて、行司にも幟が立つとは驚きました。


画像タイトル:img20200118130026.jpg -(Diet 4673 KB→191 KB)

 お騒がせですが 名前:  紫 水 [2020/01/18,13:00:26] No.1410 返信 (t)

 お騒がせですが

 一月号に干鱈のページがありました。

 これは干鮭です。野鳥探しに行ったらありました。
>> 無題 名前:  紫 水 [2020/01/18,18:45:16] No.1411

新巻きというのですね。


画像タイトル: 稲荷系かなぁ -(Diet 236 KB→114 KB)

初詣 名前:  紫 水 [2020/01/17,17:48:23] No.1409 返信 (t)

 北の雪に朱の鳥居が栄えます。

 こんな感じですよ!

>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,17:00:59] No.1412
お稲荷さんの赤鳥居と雪の白が見事ですね〜。

関東ではなかなか見ることが出来ない景色です。


画像タイトル: 冬の湖 -(Diet 231 KB→89 KB)

冬ごもり 名前:  紫 水 [2020/01/15,19:01:41] No.1407 返信 (t)

 雪が少ないので尚 寒さが感じます。
 冬ごもりのストレス発散は動物園です。
 熱帯野鳥園がベストです。
 駐車料金は700円ですが入園料は老人はタダです。

 昔、撮った千歳空港の近くの支笏湖です。
 桟橋が凍ってます。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/16,16:20:57] No.1408
杭が立っている白いのは何かなあ〜と思ったら、桟橋に押し寄せた波が凍って白くなっていたんですね〜。

やはり北海道ならではの写真ですね。
めったに見られない光景です。


画像タイトル:東秩父村の楮をはぐ作業 -(Diet 507 KB→145 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・一日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/13,09:46:29] No.1406 返信 (t)
埼玉県で唯一の村・東秩父村にある和紙の里では毎年1月4日から楮を蒸し、皮をむき、干す作業などを約1週間以上、続けています。

でも今年は三か所ある楮を育てる畑(傾斜地)は春先の鹿の害で楮の生育が悪く、思ったように楮が育たなかったそうです。楮が足りず、1月8日で作業は終ってしまいました。不作を大いに嘆いていました。

写真の右の黄色い服の男性が、楮を蒸す作業・大釜から取り出す作業・楮をはぐ作業・皮を干す作業などの中心的な方です。とても熱心に説明してくださいました。

我々俳人にも、一つの座席を空けてくれて楮をはぐ作業を一人一人の手を取って教えてくださいました。来年も是非手伝いに来てくださいと要請されました。12月の楮を鎌で伐り出す作業もどうぞと言われました。


画像タイトル:凧用の和紙を作る工房 -(43 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・一日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,12:43:45] No.1404 返信 (t)
埼玉県で唯一の村、東秩父村の紙漉きと小川町の久保昌太郎和紙工房などを二日間で巡る「世界遺産の紙漉き吟旅」を1月8日〜9日に実施しました。

1日目の句会は宿の女性教育会館の談話室で10句投句、2日目の句会は小川町駅前の喫茶レストランで7句投句でした。

写真は大凧用の和紙を作る工房の様子です。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!