今月のかつらぎウェブ俳句
| スマホ用ページ | ヘルプ | 投稿 | ホーム |
スレッド一覧
第35回新ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2021/04/01 12:39
3月15日締切、第35回新ウェブ句会特選第1席は

 春愁やメール打ちかけては消して

作者は広田祝世さんです。
本当に自由自在に様々なことを句に詠まれる祝世さんです。
いつも控えめながら、吟行が大好きで、俳句にかける努力を惜しまない方だと
常々感じています。

写真は令和元年の西脇市俳句大会表彰式後に主宰と恕水さんとの記念撮影。

次は今年3月にりんどう句会有志で綾部山梅林へ吟行した折、峠句碑での記念撮影。
祝世さんは主宰の左隣です。

もう一枚は、令和2年7月のかつらぎ吟行会で訪れた富田林市の杉山住宅を吟行中の祝世さんです。

Image Image Image
第34回新ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2021/03/02 23:58
2月15日締切第34回新ウェブ句会の特選第1席は

 今少し灯の欲し涅槃図を拝す

作者は古谷多賀子さんです。

いつもにこやかで、場を明るくしてくださる東京支部の要です。
彰宏さんとご夫婦仲良くて、夫婦で俳句を楽しむお手本のようなお二人と言えるでしょう。
緊急事態宣言が解除されれば、また一緒に吟行、吟旅したいですね。

写真は2019年9月、函館吟旅一日目、トラピスト修道院のルルドの前でのご夫婦。
2枚目は、吟旅3日目、大沼公園湖畔べりの虚子句碑の前で、主宰、函館の今井星女さん、東京支部の方々と。
3枚目は2019年10月、全国同人大会で、東京支部の栗原勝風さん、若松歌子さん、和田公子さんとご一緒の多賀子さんです。
Image Image Image
第33回新ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2021/02/02 00:22
第33回新ウェブ句会特選第1席は

 グレコ逝く枯葉のときを待つごとく

作者は内田あさ子さんです。

吟行会や吟旅には、いつも駆けつけて下さる熱心な方です。
お父様がホトトギスの俳人だったとか。
難しい言葉、語句をよくご存じの、幅広い教養のある方と言えばあさ子さんだと思います。
ジュリエット・グレコとあさ子さんとは、イメージがぴったりですね。

写真は、2年前、令和元年名古屋での全国同人大会で、菜摘さんとご一緒のあさ子さん。
次は、同じ年の11月の室津吟旅、句会の後の懇親会で。
その次は、室津漁港の遊女墓の近くで立ち止まるあさ子さん。
その次は、同じ年の9月、函館吟旅でジンギスカンに舌鼓を打つ句友の宣子さん、順子さんと。

緊急事態宣言が延長されましたが、楽しかった吟旅の写真を見ると、元気づけられます。
Image Image Image Image
第32回新ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2020/12/30 17:36
今年最後の新ウェブ句会の特選第1席は

 波音は地球の鼓動冬銀河

作者は斎藤利明さんです。

西奈良句会の幹事を安心してお任せ出来る、
奈良県同人会でも大事な存在となって頂いています。

写真は利明さんより提供の3枚(ニュージーランド・オークランド、近江八幡西湖遊覧、青森県上北郡にて)と、
昨年の忘年会での1枚です(千代さんとツーショット)。

10月のZ00m句会に「聞き惚るるクリスハートや夜半の秋」という利明さんの句がありました。
私はこの1句で、氏を見る目が変わりました( ´艸`)
いつか氏の歌声も聞いてみたいと思っています。

Image Image Image Image
第31回新ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ管理人 2020/11/30 16:27
「夏雲」を利用しての新ウェブ句会、皆様そろそろ慣れてこられましたでしょうか?
互選は夏雲で、主宰選のみ別頁での発表にして、ウェブ会員以外の方にもご覧頂けるようにしています。
11月の特選第1席は

 急に冬喪中はがきの二通来て

作者は阪野雅晴さんです。

突然の冬、そして喪中はがき、という詠み方は、作者名を聞いてなるほどと思いました。
かつらぎの為に貢献大な雅晴さんです。

写真は、昨年の函館吟旅、トラピスチヌ修道院で冬かさんとの1枚。次は昨年の忘年会での1枚。そして今年の新年の集いでの1枚。最後は平成27年の新年の集い二次会での1枚です。
早く皆さんで集まりたいですね。
Image Image Image Image
| スマホ用ページ | ヘルプ | 投稿 | ホーム |