今月のかつらぎウェブ俳句
| スマホ用ページ | ヘルプ | 投稿 | ホーム |
スレッド一覧
第20回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ会員頁管理人 2020/01/01 16:27
第20回ウェブ句会特選第1席は

 「稲むらの火」を語り継ぐ震災忌  

作者は平松文子さんです。

ことしも1月17日が巡ってきます。今年で25年。忘れずに語り継いでいくという文子さんの気持ちが伝わって来ます。
写真は昨年の千号記念大会で。主宰の右隣りに写っておられます。
その次の写真は、翌日の「青畝ふるさと巡り吟行会」で青畝廟の前での写真。中央にしゃがんでおられます。
最後の写真は兵庫同人会総会での集合写真。前列一番左の中腰になって写っておられます。文子さんがおられると場が華やぎます。
今年も益々のご活躍をお祈りしております。
Image Image Image
第19回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2019/12/03 17:45
第19回ウェブ句会の特選第1席

  我が心閉ざすに似たり北塞ぐ

作者は西岡たか代さんです。

たか代さんの悲しみが、ひしひしと伝わって来ます。
主宰の句評以上の言葉が見つかりません。
写真は、名古屋での全国同人会に参加された時、
そして、6月の記念大会翌日、青畝ふるさとめぐり吟行会が行われた時の
司会をされているたか代さんです。
たか代さんの笑顔に、少しホッとします。  
Image Image
第18回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2019/11/05 16:19
第18回ウェブ句会の特選第1席の句は

 鑑真の眦拭かむ菊の綿

作者は斎藤利明さんです。俳歴は大変長く、現在西奈良句会の幹事さんを引き受けて下さっています。
現在でも職場句会の吟行や、吟旅などにもご多忙なご様子です。
句会用の兼題の研究にも余念がないとのことで、毎日が俳句三昧とのことです。

写真は山の辺の道での利明さん、そして10月に名鉄グランドホテルで開催された全国同人大会でのスピーチのご様子です。

奈良には前田俊明さんとダブルとしあきさんがおられて、心強いですね。今後ともよろしくお願いします。
Image Image
第17回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ会員頁管理人 2019/10/02 17:28
9月10日締切の第17回ウェブ句会、特選第1席の句は

  青函のつながりさうな烏賊釣り火

作者は長谷阪節子さんです。

峠の朝日カルチャー時代からのお弟子さん、と言ってもよいでしょうか、かつらぎ吟行会会計、兵庫県同人会や、逆瀬川句会の幹事さんなど、かつらぎにご尽力いただいています。
かつらぎ例会では披講を担当。知的な雰囲気の節子さんです。編物がお上手で、主宰にも手袋を編んでくださったことがあります。
写真は昨年の摩耶山俳句大会の会場前での節子さん、昨年の奥の細道吟旅の会食での節子さん、昨年の兵庫県同人会でご挨拶の節子さんです。
今後も、益々のご健吟をお祈りしております。
Image Image Image
第16回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ管理人 2019/09/03 10:47
8月10日締切の第16回ウェブ句会特選第1席は、

 消えさうで消えぬ蝋燭滝不動

作者は、古谷彰宏さんです。
関東同人会会長の彰宏さんは、いつも吟行や句会の様子を、支部だよりに写真入りでご報告下さっています。
東京支部や他の吟行句会の吟行地も、新しい吟行地を開拓されていて、句会の雰囲気も良いことが
写真で伝わってきます。
それも、彰宏さんのお人柄なのでしょう。多賀子奥様と二人三脚での俳句三昧の毎日。どうぞ益々ご健吟下さい。

写真は、6月1日の奈良ホテルでの創刊90周年記念大会でのスピーチのお写真、集合写真、そして、昨年の東北の奥の細道吟旅での会食の様子です。
Image Image Image
| スマホ用ページ | ヘルプ | 投稿 | ホーム |