今月のかつらぎウェブ俳句
スレッド一覧
第9回ウェブ句会 特選第1席 作者紹介 [0件]
by かつらぎウェブ頁管理人 2019/02/01 23:53
1月10日締切 第9回かつらぎウェブ句会の特選第1席

 郵便の届くまでにと雪を掃く    西岡たか代さん

おめでとうございます。
たか代さんは奈良県山添支部の幹事さんとして、奈良県同人会総務としても
ご活躍頂いています。
ふわっとした癒し系のたか代さんに、惹かれるかたも多いのではないでしょうか。

活花の師範という一面もお持ちで、植物に対する知識は豊富。句作にも大いに役立っていることでしょう。

今後ますますのご活躍をお祈りしております。

写真は、活花展の作品と、平成27年12月のものの芽句会25周年の忘年会の時のものです。
(古い写真を引っ張り出して、ごめんなさい)
Image Image Image Image Image
第8回かつらぎウェブ句会特選1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2019/01/06 16:48
明けましておめでとうございます。
創刊90周年の記念の年を迎えました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

12月10日締切の第8回ウェブ句会特選第1席は

 席譲りくれたるは魔女ハロウィン   

作者は木村由希子さんです。

岡崎在住の高校の国語教師である由希子さんは、ものの芽句会のメンバーでもあり、
遠隔地からの投句でありながら、当日の吟行地に合わせた季語の句を作って投句されます。
斬新な見方、詠み方をされて、句会でも互選が集まる句を作られます。
ウェブ句会の特選1席の句も、由希子さんらしいウィットに富んだ句です。
今年はどんな句を詠まれるか、とても楽しみです。

写真は、全国同人会に出席の際の写真、中四国同人会の会食で合唱しているところ、沼津御用邸を吟行した際の句会で
短冊を配っている由希子さんです。

Image Image Image
第7回ウェブ句会 特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2018/12/04 18:53
11月10日締切の第7回ウェブ句会、第1席は、

  猪垣の中に猪垣して住める    平田冬か

でした。
主宰も句評で、自然との共生を考えさせられる一句でもある、と述べています。
野生動物の被害にお困りの農家は、多いことでしょう。

先日の大和俳句会で、青畝生家、青畝記念館などを吟行しました。
その時の、副主宰冬かさんの写真をご覧ください。
吟行スタイルも、いつもとてもお洒落な冬かさんです。
Image Image
第6回ウェブ句会特選第1席 [0件]
by ウェブ句会管理人 2018/11/07 22:18
第6回ウェブ句会の特選第1席は小林久美子さんの

 実をつけしままの倒木台風禍 

でした。おめでとうございます。

この秋、台風21号が近畿地方を直撃した時、作者のお住まいのちかくにある浜寺公園の松が根こそぎ倒されたそうです。
松の木は意外に根が浅いことにも驚いたとか。
特選の一句は、その時にできた句だそうです。

大阪湾に近い松林が広がる浜寺公園は、被害が大きかったのでしょう。


小林久美子さんと言えば、海外旅行での吟旅の句を、沢山詠まれています。
最初に行かれたのはマレーシアだったそうで、日常生活から離れて楽しまれたそうです。
平成21年2月号に「マレーシアの旅」という紀行文を執筆され、
マレーシアはどのような変貌を遂げているであろうか、と述べておられます。

国内では白馬や立山の山が印象に残っているとのことです。

益々ご健吟をお祈りしております。

  
Image
第5回ウェブ句会第1席 (続) [0件]
by ウェブ句会管理人 2018/10/01 18:13
第1席の句にちなんだ子規庵でのお写真、データを縮小して投稿します。

いつも仲の良い古谷ご夫妻は、かつらぎの宝ですね。

今後ますますのご健吟をお祈り致しております。

Image