zoom句会参加の勧め 名前: 森田純一郎 [2021/10/04,21:21:27] No.2828
内田二歩さん、佐々木紫水さん、各地のかつらぎ誌友の皆さん、およびこの欄を見ている皆さんへ

活発にこの支部だより欄に投稿していただき、ありがとうございます。私から提案及びお願いです。「かつらぎ」zoom句会に是非参加してみてください。

今後、新型コロナウイルス感染がどのように収束するかは分かりませんが、zoom句会は広がると思います。メールをしたり写真を送ったりしている人は絶対に参加可能です。

編集長の教子から招待メールを送るので、その中のzoom句会のhttpをクリックしたら、自動的に繋がります。来月からでも参加してください。

自信がなかったり、内緒で聞きたい時は教子編集長にメールしてコソッと聞いてください。内緒で教えてくれますので。
Adobe PDF 書類 img20211004212127.pdf -(318 KB)
>> 無題 名前: 内田 二歩 [2021/10/10,10:49:51] No.2834
純一郎先生

ご招待ありがとうございます。
zoomはスマホに入れているのですが、土曜夕方になかなか時間が取ることが出来ませんで…
時間が合うときがあれば、ぜひ参加させていただきますのでよろしくお願いします!
>> 仕事頑張って下さい 名前: 森田純一郎 [2021/10/10,21:13:25] No.2836
内田二歩様

二歩さんの年齢の頃は、私はニューヨークに駐在していました。海外子会社の業績も上向いていて、俳句はしていたものの当然、ビジネスに主力をおいていました。

今の二歩さんも同じなのではないかと想像します。まずは、本業に精一杯力を注いで下さい。しかし、俳句は細々とでも良いので続けて下さい。「継続こそ力なり」は、俳句の世界では間違いなく本当だと今になって思います。

海外にいても、父であり前主宰だった峠は、私に俳句を続けるように言っていました。そして、仕事に関する句も詠めと言っていました。これも今になって思うと非常に貴重なアドバイスでした。

二歩さんが継続して俳句をし、仕事の中で感動したり発見したことを句に詠み続けることがきっと将来に役立つと信じます。

体に気を付けて頑張って下さい
>> 言い忘れていたこと 名前: 森田純一郎 [2021/10/12,23:13:46] No.2837
内田二歩様

一つ言い忘れていました。私が5年間弱のニューヨーク駐在時代に、経験した様々な嫌なことー人種差別、英語差別、社員からの訴訟、親会社からの無理難題ーを耐えられたのは、俳句があったからだということです。

方舟というニューヨーク在住の日本人の句会(元々は「春燈」主宰・成瀬櫻桃子氏の紹介)に教子と共に入り、毎月句会や吟行会などをしていました。

「かつらぎ」にも「ニューヨークだより」というエッセイを毎月送っていました。
海外駐在、特に先進国での仕事、生活に馴染めず、心を病んだ人も見ていたので、俳句という素晴らしい生きがいがあったからこそ、耐えられたのだと今になってつくづく実感します。

どうしてもお伝えしたく、追加で書かせていただきました。


[返信しないで戻る]