ありがとうございます。 名前: 内田 二歩 [2021/06/11,10:11:11] No.2644
古谷彰宏様
狭山は本当にお茶で名高いところですから、比べられるものではないと思いますが、ありがとうございます!

また投稿できたらと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
>> 画像タイトル:茶覆いを巻き上げた手摘み茶 -(135 KB)

狭山の手摘する茶園 名前: 古谷  彰宏 [2021/06/11,20:08:53] No.2646
札幌の紫水さん、串本の二歩さん、
これから支部だよりのぺージを開くのが益々楽しみになりました。
出来れば、中四国方面からも掲載くだされば有難いですね。

写真は狭山の手摘み用の茶園で、黒い覆いを掛けて育て、摘む寸前に覆いを除けます。今年はコロナで茶摘女があまり集まらず、半分位は手摘みを諦めて機械で摘んだそうです。

>> 無題 名前: 内田 二歩 [2021/06/11,22:17:10] No.2648
覆いをつけて育てるのですね!
どういった意味があるのでしょう。
柔らかな仕上がりになるのでしょうか?
まったく詳しくないものでして、申し訳ありません。

紀州も今は梅の収穫真っ盛りですが、
コロナでなかなか大変な様子です。
>> 無題 名前:  紫 水 [2021/06/12,08:02:25] No.2649
(ヨコから)
 寒冷紗でないの?
 (霜から茶守り、暑い日中からもまもる
  ハリマオみたいな・・・)。


[返信しないで戻る]