画像タイトル:コロナ対策としての季語 -(145 KB)

関東同人会・東京支部句会 名前: 古谷  彰宏 [2021/01/08,12:13:25] No.2424
皆様 新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

新型コロナ蔓延でついに首都圏は非常事態宣言が発せられました。暫く吟行句会は諦めつつも、工夫しながらの句作は大切と思います。

コロナ対策としても、季語の「布団干す」と「日向ぼこ」は極めて有効と思います。原始的な対応ですが、コロナ菌が嫌がる外気に当ることと日光消毒が出来るからです。
植物でもたっぷりと太陽に当った作物は元気に育ちますが、太陽に当らない作物は弱弱しく栄養不足です。

1100号記念の「峠・純一郎両先生の親子句碑建立」の御祝いの席で皆様と御会い出来るよう祈念して居ります。
>> ズーム例会 名前: 森田純一郎 [2021/01/09,14:29:32] No.2425
古谷彰宏様

支部だより上の新年のご挨拶ありがとうございます。新型コロナウイルス の感染第三波が恐ろしい広がり方になっています。一月号の巻末句会案内にも載せました通り、かつらぎ吟行会は中止、例会は通信および参加可能な方はズーム例会としました。

通信も投句ハガキも明日が締切です(ズーム投句は夜8時で受付終了)このような時なので、できるだけ多くの誌友の投句をお待ちします。(ズーム句会は互選されますが、ハガキでの通信は主宰選のみです)

支部句会も直近のものは会場に集まらず、通信句会方式にしてもらっています。幹事の皆さんには、会場の予約キャンセルや通信投句の整理など、お手数をお掛けしています。

一体、今後どのような世の中になるのか、見当がつきませんが、「かつらぎ」としては計画したものについては、実施出来るように準備は進めて行き、政府や行政の様々な決定や指針が出た場合は、その時々に対応するということにしたいと思います。会場の使用料が出来るだけ発生しないうちに中止は決定して行きたいです。

皆さん、三連休も外出を出来るだけ控えて、とにかく感染防止に全神経を注ぎましょう。
ご健吟お祈りします。  

森田純一郎
>> コロナ対策の季語 名前: 古谷  彰宏 [2021/01/11,09:52:04] No.2426
「1100号記念」という目標があることは、とても明るく嬉しいことと思います。
ワクチンが行き届き迄、コロナ対策の季語はまだまだ沢山あります。
これからは探梅、下萌、鴬、麦踏、北窓開く、青き踏む、野遊び、摘み草などなど。
俳人は一人としてコロナに負けず頑張りましょう!
>> 1/10 大和俳句会行ってきました! 名前: 角山 隆英 [2021/01/13,16:51:50] No.2429
関西も愈々コロナ緊急事態宣言間近ですが、1月10日、十分注意しながら17人が集まりました。一門の聖地、久米寺(HPのかつらぎ発足の写真)へ今年の俳人の決意を込めて初詣をしてきました。

大阪・兵庫・京都はコロナ緊急事態宣言間近ですので、主宰は自重されましたが、両副主宰のご出席があり、17名が三密対策を十分しながら、吟行・句会を行ってきました。
境内は人出が疎らで閑散としていました。
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2021/01/14,09:14:40] No.2430
角山 隆英 様

かつらぎ発祥の地、大和から皆様の御元気さをシェアくださり有難うございます!
今年は「かつらぎ」1100号記念の輝かしい年ですので、特に峠・純一郎両先生の親子句碑建立など、大和句会の皆様方には大変お世話になると思います。
改めて「かつらぎ」と大和句会はじめ全国の誌友の皆様の益々の御発展を御祈り申し上げます。


[返信しないで戻る]