画像タイトル:亀戸駅近くの会場で句会 -(Diet 287 KB→102 KB)

仁木会・令和2年10月百花園吟行 名前: 古谷  彰宏 [2020/10/22,10:56:17] No.2329
向島百花園は約200年前に江戸の文人墨客が花の咲く草木を中心に集め、その後、中国や日本の古典に詠まれている植物を植えて今日に至っています。

コロナ禍下でも売店が開かれ、遠路2時間余りかけて来た我々は甘酒(¥330)や梅干し(¥50)などでほっとしました。

新旧の幹事さん(旧幹事の進藤沙世子さん、新幹事の和田公子さん)に前に座って頂き記念写真です。

彰宏のカメラの調子が悪く、今回の写真提供はすべて若松歌子さんです。
>> お懐かしいです 名前: 長谷阪節子 [2020/10/23,09:54:08] No.2330
皆様のお元気そうなお写真拝見しました。
大きくはっきりと映ってゐて良く判ります。
コロナにもめげずに、活発に吟行句会をなさっているのですね。
皆様に長らくお会いしていないので、嬉しかったです。
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2020/10/24,18:12:14] No.2331
節子 様

コメント、ありがとうございます!

フェイスブックですと「いいね!」というコメント欄があるのですが
残念ながらそれが無いので、掲載しても誰も見ていないのかなあ・・・・と最近はいつも思っていました。

時々、誰も見ていない「かつらぎ支部だより」なら、貴重な時間を浪費しても意味ないから、もう掲載は止めようと思っていました。

有難うございました。

ZOOM句会で関西や地方の誌友と句座を共にする機会はあるのですが、御一緒に吟行出来る機会がないのが本当に残念です!
>> ぜひ、掲載を続けてください 名前: 純一郎 [2020/10/25,06:44:47] No.2332
彰宏様
いつもこの支部だよりに素晴らしい写真と文章の掲載ありがとうございます。中々、書き込みをする時間がないので、申し訳なく思っています。この支部だよりは各句会の選句の際に時々参考にさせてもらっています。関東には非常に良い吟行地があることに驚いています。ぜひ、この支部だよりを続けてください。そして、見た方はできるだけ感想を書き込んでください。
純一郎
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2020/10/25,09:24:50] No.2333
純一郎先生
超御多忙の中、「支部だより」欄を御覧頂き有難うございます!
当分、関東の吟行句会の際に掲載を続けようと思います。


[返信しないで戻る]