画像タイトル:楮を外釜で蒸す -(41 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・一日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,12:15:52] No.1400
東秩父村の「和紙の里」では1月4日から楮をむく作業が始まりました。

例年ですと1月4日から1週間以上作業が続くそうですが、今年は春先の鹿の害=鹿が楮の若芽を食べつくし、脇芽もかじられて楮が不作と大いに嘆いていました。

1月8日(水)の午後には楮を蒸す作業も皮をはぐ作業も終ってしまい
我々の日程はぎりぎり間に合い、ラッキーでした。

3メートル程に伸びる1年物の楮を伐り取り、1メートル程に切って釜で2時間ほど蒸すのです。カバーが蒸気で、ぱんぱんに膨らんでいます。

1〜2メートル程度しか伸びない、また節のある楮が多く、鹿の害のひどさを嘆いていました。


[返信しないで戻る]