画像タイトル:面影橋 -(Diet 226 KB→106 KB)

二木会・令和元年10月早稲田周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2019/10/26,09:31:59] No.1324
10月24日(木)9時半に、いろいろと伝説のある面影橋に集合。
業平が欄干から鏡代わりに川面に顔を写したとか、徳川将軍が橋の名を付けたとか、美人の姫が入水したとか〜の伝説です。川面を覗くととても澄んだ水が流れていました。

都内唯一の都電・荒川線の面影橋駅のすぐ近くです。
>> 無題 名前:  紫 水 [2019/10/27,09:53:41] No.1329

ちはやぶる・・・ 竜田川・・・

と落語を聞いたことがあります。

業平が東国に出向いたことはほんとうらしい。

>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2019/10/28,16:53:20] No.1330
面影橋は御覧のように今はコンクリート造りの橋ですが、昔は歌川広重が江戸百景に描いた木造の弓なりの橋だったともいわれています。

近くには太田道灌の山吹の里があり、ずいぶん田舎だったのですね。


[返信しないで戻る]