画像タイトル:神代植物園の会議室での句会 -(49 KB)

東京支部句会・31年4月深大寺・神代植物園 名前: 古谷 彰宏 [2019/04/14,17:15:49] No.1191
4月13日(土)絶好の吟行日和に恵まれ、久し振りに竹中ゆき子さんが、また新誌友の古田たかのぶさんが出席され16名、欠席投句は7名でした。
神代植物園内会議室での句会の後、例会報の勉強会で出席者の心に響いた1句は次の通りです。

がうがうと風を巻き込み野火猛る ゐないゐないばあのいまばあ牡丹の芽
独活の束ラッコ抱きに小屋出づる 風孕み網をはたきて白魚汲む
いかなごや鮮度命と波止に競る  傾げ落つ渓の底まで梅日和
降るよりも落ちて来るかの春の雪 夢にまで逃水を追ふ包泊り
昼見れば修二会松明長きこと   万葉の恋は袖振る花馬酔木
>> 東京支部句会 名前: 森田教子 [2019/04/14,23:50:02] No.1192
古田たかのぶ様、ご入会ありがとうございます。
今後とも、末永くよろしくお願いします。

神代植物園吟行は良いお天気で、皆様の和やかなお顔が印象的です。


[返信しないで戻る]