東京支部句会・31年2月府中郷土の森吟行 名前: 古谷 彰宏 [2019/02/18,17:18:23] No.1152
郷土の森博物館会議室での句会の後、31年1月例会報の勉強会で出席の皆様の心に響いた一句は次の通りです。

 奇をてらふことなく生きん去年今年  罠かけてあるすぐ脇を猪の跡
 仙人に逢ひさうな崖梅探る      蓮根掘ぐらぐらと足定まらず
 どら猫の去年と今年の柵越ゆる   海苔を描く岩といふ岩知り尽くし
 そろそろと芽を出す頃やチューリップ 切口のしたたる独活を束ねけり



[返信しないで戻る]