[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / ]


白樺の遍路 名前: 稲垣美知子 [2020/05/06,16:39:50] No.1892 返信 (t)
何かが可笑しいと写真を見ながら思っています。
並木が白樺ならば遍路はおかしいし
遍路と言えば四国で、北国はおかしい。
私も八十八ヶ所まわった経験がありますが、この写真の風景にもあいましたが、ほとんど杉だったと思います。
白樺と遍路を離して詠んでみたいと思っています。
>> 支部だより吟行 名前: 小西俊主 [2020/05/06,17:45:22] No.1894
灯の下る白樺の道山開き


支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/06,15:29:19] No.1889 返信 (t)
真直ぐなる白樺並木夕立あと


画像タイトル: 白樺の遍路 -(78 KB)

 遍路 名前:  紫 水 [2020/05/06,13:58:10] No.1883 返信 (t)

 峠先師は「雨の夜の帳場にも居る遍路かな」と脚注で意味がわかりました。
 青畝先師は「遍路泊めゐる宿の暗きかな」と岩波新書で偶然読みました。
で、北国の遍路イメージですが
>> 無題 名前: 田島もり [2020/05/06,14:35:10] No.1885
トロイカの白樺林汗引きぬ
>> 無題 名前: 田島竹四 [2020/05/06,14:39:38] No.1886
細みゆく白樺並木夏の月
>> 写真吟行 名前:  紫 水 [2020/05/06,14:52:51] No.1887

 後ろ身で遍路の人とわかりけり
>> 支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/06,15:15:20] No.1888
残照の白樺林驟雨過ぐ
>> 紫水様 名前: 平田冬か [2020/05/06,15:30:03] No.1890
支部だより吟行ではお世話になり有難うございます。
この写真は針葉樹に見えますが・・・。「白樺の遍路」のタイトルがよくわかりませんのでお教えください。
>> 支部だより吟行 名前: 長谷阪節子 [2020/05/06,16:19:43] No.1891
道真直ぐ白樺真直ぐ新樹光
北国の春や白樺並木なす
>> 支部だより句会 名前: 角山 隆英 [2020/05/06,17:21:00] No.1893
残照の白樺並木夕立あと
>> 支部だより吟行 名前: 山崎圭子 [2020/05/06,17:53:53] No.1895
行き行ける道は新樹の樺なり
新樹真直ぐその樺道又真直ぐ
>> 無題 名前: 糸賀千代 [2020/05/06,19:01:31] No.1896
白樺のこの道が好き風薫る
白樺の並木歩けば小瑠璃鳴く
白樺の並木を描く避暑便り
>> 田舎ものでした 名前:  紫 水 [2020/05/06,19:10:25] No.1897

写真の説明などは不要で、写真を見て感じたままを俳句にすればよい、
とは思いますが、どうも白樺の道と、遍路道とは、イメージが違い過ぎて
理解出来ない方が多いようです・・・
>> 支部だより吟行 名前: 平田冬か [2020/05/06,21:29:52] No.1901
蝦夷栗鼠の跳び出し来さう新樹道  冬か
>> 支部だより吟行 名前: 竹内万希子 [2020/05/06,23:41:12] No.1902
新樹にはまだなりきれぬ並木かな
並木道消失点へ風薫る
並木道歩くに易し新樹光
>> 無題 名前: 篠原かつら [2020/05/07,06:09:05] No.1904
馬車の鈴聞こえてきさう花かんば
>> 無題 名前: 阪野雅晴 [2020/05/07,07:02:14] No.1905
トロイカの鈴聞こえ来る星月夜
>> 支部だより吟行 名前: 阿部由希子 [2020/05/07,14:36:30] No.1912
まっすぐに白樺並木新樹燃ゆ
>> 支部だより吟行 名前: 斎藤 利明 [2020/05/07,17:03:16] No.1917
白樺を青葉の風や十勝晴
筒鳥を聴きつ白樺並木かな
>> 支部だより吟行 名前: 野村親信 [2020/05/07,17:24:22] No.1919
最果てと言ふ大地から鳥雲に
屯田の魂眠る春の果て
時計台北の大地の遅日かな
>> 支部だより吟行・白樺 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/07,17:58:09] No.1921
 
 吸ひ込まれ行くかの並木風薫る   彰宏
 白樺の若葉さざめく並木かな    彰宏
 白樺の背高の並木百千鳥      彰宏
>> 支部だより吟行・白樺 名前: 古谷  多賀子 [2020/05/07,18:01:58] No.1922
 
 白樺の若葉並木ぞ駈けたかり   多賀子
 構図よき白樺の道風薫る     多賀子
 コタンへと白樺並木風涼し    多賀子
>> 支部だより吟行 名前: 木村由希子 [2020/05/07,22:05:39] No.1931
アンならば如何に名付けん新樹道
木洩れ日の中の教会五月来る
森林浴賢治とトシに出会へさう
>> 支部だより吟行 名前: 田島かよ [2020/05/08,10:16:12] No.1934
足跡は北狐かも朝日影
>> 支部吟行 名前: 村手圭子 [2020/05/08,11:22:46] No.1935
新樹道かの文豪の家めざす
>> 支部だより吟行 名前: 中島 葵 [2020/05/08,15:27:23] No.1937
白樺の並木馬車駆る白夜かな
白樺の林貫く道凉し
>> 支部だより吟行 名前: 阿部由希子 [2020/05/08,16:17:28] No.1939
たもとほる白樺並木露涼し


無題 名前: 和田容子 [2020/05/06,12:02:47] No.1882 返信 (t)
旅心つのるこの頃菜の花黄
北海道でっかいどう菜の花黄
菜の花に埋もれてみたし黄色好き


支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/06,07:55:29] No.1878 返信 (t)
大空へ黄色と虻の大合唱


画像タイトル:img20200505170242.jpg -(143 KB)

支部だより吟行会選句その8 名前: 純一郎 [2020/05/05,17:02:42] No.1875 返信 (t)
少し時間が空きましたが、選句の8回目を出します。実は、今「峠全句集」の校正をしており、峠句を何千と読んでいるので、どうしてもここに出される句と比較し、選句が厳し目になっているのではないかと思います。
これからは写真の方は紫水さんにお任せして、各地での句会・吟行が復活出来るまで、今のような調子で時々選句をしてゆきたいと思っています。


無題 名前: 篠原かつら [2020/05/05,16:39:57] No.1874 返信 (t)
砂摩りはまさにこのこと藤の房
藤房やこんなマントを着てみたし


藤の花 名前: 糸賀千代 [2020/05/04,18:16:06] No.1853 返信 (t)
虻乱舞藤棚の下誰もゐず
棚の下うす紫や藤落花
大小の虻ぶら下がる藤の花


画像タイトル: 菜の花 -(99 KB)

 円周率 名前:  紫 水 [2020/05/04,16:50:37] No.1850 返信 (t)

 野村親信様の句に

 「菜の花や安房一国を黄に染むる」

 とあります。北国の菜の花は!
>> 支部だより吟行 名前: 山崎圭子 [2020/05/04,17:40:52] No.1852
半々に菜の花畑と蒼天と
北の大地は青空と菜の花黄
点景は赤屋根空と花菜畑
>> 無題 名前: 糸賀千代 [2020/05/04,18:26:00] No.1854
海よりも菜の花畑耀ける
空青く浮雲白く菜の花黄
眼前の菜の花描かず放馬描く
>> 花菜畑 名前: 長谷阪節子 [2020/05/04,18:42:47] No.1855
菜の花に蝦夷の大地は果て知らず
ゴッホなら如何に描くや花菜畑
菜の花に小学唱歌口遊む
>> 支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/04,19:54:56] No.1856
菜の花の香り豊かや安房国
>> 支部だより吟行 名前: 中島 葵 [2020/05/04,20:08:50] No.1857
行き行けど菜の花畑香に酔ひさう

群れてゐる虻酔はざるや花菜畑

行き行けば黄に染まりさう花菜畑
>> 支部だより吟行 名前: 田島かよ [2020/05/04,23:01:57] No.1858
ご褒美と思へるほどの菜の花黄
風と雲呼び寄するかに花菜畑
地平線のごとく花菜一面に


( ★買取価格.com )

Ti Factory



これより先のページはありません


   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!