[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:子規庵の小部屋に展示されている一日の献立 -(48 KB)

東京支部・9月大龍寺・子規庵吟行追加 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/25,17:37:26] No.1006 返信 (t)
子規庵の間取りは、客間は八畳。子規の終焉の部屋は六畳。妹律の部屋は四畳半で子規の部屋の隣り(庭とは反対側)。母八重の部屋は僅か三畳で玄関を入ってすぐ右の狭い部屋で、子規の部屋とはやや離れています。

母八重さんが自己犠牲し、子供達優先で生活されていたことに親心の有難さを強く感じました。



画像タイトル:根津ふれあい館での句会 -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,15:08:38] No.1003 返信 (t)
先ずは柿ひとつお供えのある田端・大龍寺の子規の墓所に御参りし、
鶯谷の子規庵(10時半開庵)の特別展へ。ラマ教の曼陀羅、男っぽい律の代筆の墨汁一滴の原稿(初公開)・歳旦帳など貴重な資料を拝見。

句会後、全国同人大会の役割分担や手順など詳細な打合せを行いました。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,15:19:41] No.1004
例会報の勉強会後、皆さんの心に響いた句は次の通りです。

 次々と海霧の中より船現るる   生きる為なる大食ぞ子規祀る
 遠からず墓じまひせむ墓洗ふ   蚊火腰に園丁話し好きらしく
 身を反らし大雪渓を仰ぎ見る   積木めく森の教会小鳥来る
 会釈して互ひに日傘傾ける    水団を作りてしのぶ終戦忌
 語り合ふはらからは亡し盆供養  ひきがえる田水濁して身を隠す
>> 拝見しました 名前:  紫 水 [2018/09/21,14:02:34] No.1005

 子規庵 拝見させて頂きました。

 そうかぁ、「いくたびも・・・」 から

 病床6尺 となったわけですね。

 ( たしか 中学ぐらいで習いました)


 


東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:48:48] No.1002 返信 (t)
正岡子規の「病床六尺」の文章第26話(明治35年6月5日)の中に子規の周辺にあったものが詳しく書かれていますが、その一つがラマ教の曼陀羅です。写生派の子規らしく曼陀羅の絵の様子が詳しくか書かれています。 病床六尺・第26話を御参照ください。

今回、子規忌に因んで公開されました。


画像タイトル:ラマ教の曼陀羅 -(46 KB)

無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:40:31] No.1001 返信 (t)
本文なし


画像タイトル:子規庵の糸瓜棚 -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:39:48] No.1000 返信 (t)
子規庵の庭の糸瓜棚です。

今年はしっかいとした糸瓜が成りました。


画像タイトル:やや遅れて大龍寺到着の女流たち -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺と子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,12:44:03] No.999 返信 (t)
第一番の到着は野村親信さん、次に古谷彰宏・多賀子。

大龍寺を去ろうとしたら和田容子さん一行が到着され、墓前に戻って写真を撮りました。


画像タイトル:大龍寺・子規墓前 -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,12:39:33] No.998 返信 (t)
珍しく雨の9月吟行でした。

毎年のように9月は大龍寺の子規のお墓参りをするのですが、雨は初めてです。


画像タイトル:img20180909074811.jpg -(Diet 1966 KB→1965 KB)

大和俳句会 名前: 森田純一郎 [2018/09/09,07:48:11] No.996 返信 (t)
フェイスブックにあげた全体写真をここにもアップしておきます
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/09,16:58:46] No.997
大和俳句会の皆様、とても御元気そうですね〜。


画像タイトル:img20180908080120.jpg -(Diet 448 KB→446 KB)

無題 名前:  紫 水 [2018/09/08,08:01:20] No.993 返信 (t)

  5日未震度7の爆心地。札幌はところにようては

 震度3〜5でした。 かなりの揺れでした。

 その後の停電にはまいりまいした。 我が家は36時間後点灯しまいsた。
 パソコンもスマホも中継基地が不備となります。

 電車もバスも地下鉄もヒコーキもストップです。

 なかなストレスのたまる体験をしました。


>> 北海道地震 名前: 森田教子 [2018/09/08,23:35:04] No.994
紫水さん、ご無事でよかったです。
皆さん心配なさっていました。

まだまだ物流など、ご不自由なことと思います。
どうぞ、お気を付けて。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/09,07:33:15] No.995
紫水 様

本当に大変な経験をなさいましたね。
我々の参考に、貴重な御経験を文章に纏められて、発表くだされば
有難いです。
まだまだ、余震が続き大変と思います。御身体大切になさって
ください。
            関東同人会一同より


画像タイトル:段葛 -(51 KB)

鎌倉吟行案内 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/07,12:33:28] No.992 返信 (t)
今の段葛は鶴岡八幡宮の第二鳥居から、第三鳥居まで約500メートルの一段高い歩道です。

そもそもは頼朝が妻政子の安産を祈念して海が近い一の鳥居から三の鳥居まで造らせたものです。

二の鳥居から三の鳥居にかけて徐々に道幅が狭くなって行きます。遠近法で鶴岡八幡宮への奥行きが深く見える仕掛けです。

古い桜が全て若い桜に植え替えられ、垣も灯籠も新調され、情緒が薄れたのが残念です。

    段葛一直線の淑気かな      三谷秋子
    行く破魔矢帰る破魔矢や段葛   千種佳樹


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!