[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:レッドサラマンダー -(97 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2019/01/16,17:14:10] No.1101 返信 (t)
 1月13日は塩の道の初吟行句会でした。岡崎城下を流れる乙川河畔にある菅生神社に初参りし、そこの河川敷で開催された消防出初式を見学しました。
 「五万石でも岡崎様はお城下まで船が着く」と岡崎音頭に唄われている天守閣が見下ろす船着き場跡が、整備され広い河川敷になっていてそこで出初式が行われました。土手の上から見下ろすと真赤(消防自動車)と橙色(消防士)で埋め尽くされていました。消防自動車にこんなにもいろいろな種類があるのかと驚きました。
 中でも画像の「レッドサラマンダー」は珍しかったです。これは今日本に一台しかない、全地形対応型消防車両で、現物をまじかに見られて感動しました。緊急救助・医療活動・物資運搬・消火活動・災害救援活動に対応でき、水陸両用車で、水に浮くこともできキャタピラが水掻きのの役目を果たすのだそうです。これだけの機あるので大きな車体を想像していましたが思ったほど大きくなかったです。
 撮影が下手で大事なところがわかりづらいです。申し訳ありません。
 
 合格と元気よく書き受験絵馬     英語神籤子ども神籤も初詣
 
 神木に触れパワー受く初詣      一碧に真白き機影初御空

 神社での皆さんの俳句です。

 


画像タイトル:京橋区民会館での句会 -(53 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,14:41:49] No.1097 返信 (t)
平成30年12月20日(木)関東地区では今年最後の句会が、京橋区民会館で開催されました。
今年1年を振り返ると、どの句会でも必ず誰かが御菓子類を持参され、和やかな雰囲気で俳句を楽しむことが出来ました。この日は二木会幹事の進藤沙世子さんが銀座キムラヤのアンパンを、彰宏が手作りの干し柿を正月のオナマス用にと配りました。

図らずも、この句会場は元特別同人・前関東同人会長の富岡桐人様が指導された「麦秋会」で常用された懐かしい会場なのです。

桐人様は12月17日に御逝去されました。
  純一郎先生の弔句は
 逝かれけり霧笛の鳴れる彼方へと  純一郎

(桐人様の名句、バーテンは霧笛の船の名を知れり 桐人)

先生の弔句と、この日出席全員の弔句の色紙は御遺族の安奈淳様に、御葬儀に参列された栗原勝風さんから御渡しされました。 合掌
>> 無題 名前:  紫 水 [2018/12/22,17:09:54] No.1098

宝塚の名優ですネ。

 バーテン・・・、 すばらしい句ですね、

 初めて知りました。

>> 富岡桐人様の御逝去 名前: 森田教子 [2018/12/24,01:05:38] No.1099
かつらぎ重鎮の桐人様のご逝去の報に、
大変悲しく淋しい思いです。
東京支部の皆様にも斎場でのお見送りに立ち会って頂きまして、ありがとうございました。

きっと天国からいつまでも東京支部のご活躍を、微笑んで見守っていて下さることでしょう。
益々のご健吟をお祈りいたします。


画像タイトル:日比谷公園・大噴水前のハートマーク -(68 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,14:09:35] No.1096 返信 (t)
日比谷公園の大噴水、その前に飾られた「クリスマスマーケット」でのハートマークです。

日比谷公園は、大名屋敷・陸軍練兵場という歴史を経て明治36年6月に開園された西洋文化を取り入れつつも和風の伝統も織り込まれた日本初の西洋風公園です。

園内では他の結社の俳人と会うことも多いです。


画像タイトル:銀座四丁目の聖樹 -(64 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,12:48:30] No.1095 返信 (t)
銀座四丁目の聖樹です。

以前は、ミキモトの大きな聖樹が嬬恋村から運ばれて有名でしたが、ビルが拡張されてスペースが無くなり、隣の楽器店がやや小ぶりの聖樹を立ててくれています。


画像タイトル:日比谷公園のクリスマスマーケット -(62 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,12:42:52] No.1094 返信 (t)
日比谷公園では、「クリスマスマーケット」の真っ最中でした。

ドイツ、ロシア、フランス、アメリカなど、いろいろな国のクリスマスマケットの様子が判る賑やかな催しでした。

ホットワイン、ビール、ソーメージ、アイスクリームなどなども。


画像タイトル:帝国劇場をバックに雪吊 -(72 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,12:35:44] No.1093 返信 (t)
帝国ホテルや帝国劇場などが近くにある東京の中心にある日比谷公園内
の和風庭園です。



画像タイトル:日比谷公園の雪吊 -(80 KB)

二木会30年12月日比谷公園・銀座吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/22,12:28:45] No.1092 返信 (t)
日比谷公園にある江戸城のお濠を偲ぶ心字池の雪吊です。


画像タイトル:台東区民会館での句会 -(41 KB)

東京支部句会30年12月浅草周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/18,22:27:51] No.1090 返信 (t)
12月16日(日)歳晩の浅草周辺を吟行、六区には寒風が吹き抜ける寒い一日でしたが、句会後の神谷バーでの寄鍋の忘年会を目当て(?)に16名が参加。東京支部句会平成30年の年忘れ句会でした。

・「友の会添削指導制度」が関東では殆ど知られていないのが実情ですので(現状関東では添削指導を受けている人は皆無で添削を受けるという文化が無いのです)、友の会の林つぼみさんにFAX頂いた添削用紙見本を全員に配布して、詳細を説明。添削指導を試してみることを勧めました。
先ずは気軽に試してみて、気に入れば今後用紙を購入して添削を受ければ良いのです。

・11月例会報の勉強会の後、心に響いた1句は次の通りです。
 落つるとは言はず山茶花散りにけり  原色の落葉の中にリス遊ぶ
 翁忌の頃より伊賀はしぐれ癖     着ぶくるる吾の影廃寺へと投ず
 茅屋の軒につややか吊し柿      一休さん現れそうな小春かな
 一通りめくってみたる新暦      手柄なき犬のふて寝や狩の宿
 カメラには外方向きたる七五三    私らは時間長者よ日向ぼこ
 
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2019/01/12,10:45:44] No.1100
忘年句会の互選で出席の皆様から多くの共感を頂いた

  この席に主宰居て欲し年忘

の句が純一郎先生の選に入りました。実感が強く感じられてのだと思います。
「申し訳ないです」とのコメントを頂きました。
有難うございました。


画像タイトル:狭い路地にも雪吊が -(53 KB)

東京支部句会30年12月浅草周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/18,21:48:56] No.1089 返信 (t)
仲見世を離れた狭いこんな路地にも雪吊があり、スカイツリーと好対照でした。


画像タイトル:飾り始めた羽子板の店 -(59 KB)

東京支部句会30年12月浅草周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/12/18,21:46:17] No.1088 返信 (t)
明日12月17日(月)から3日間浅草寺境内で行われる羽子板市用に
飾り付けが行われていました。

職人さんに「今日は売ってくれないのですか?」と聞くと「明日からの決まりですから、叱られます。すみません!」との返事でした。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!