[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:アカデミー音羽での句会 -(48 KB)

東京支部句会・令和2年2月護国寺の涅槃会など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/02/16,11:19:12] No.1433 返信 (t)
2月15日(土)温かい晴、涅槃会の護国寺を吟行。
本堂の涅槃図と信徒会館の涅槃図、両方とも見ることが出来ました。
二つの涅槃図の動物の描き方が異なっているのも発見でした。

句会の際に
年度賞の和田容子さん、奨励賞の栗原勝風さん、古谷多賀子さん、古谷彰宏の4名から、恒例の皆様への感謝の和菓子が配られました。

写真前列は年度賞・奨励賞を受けた左から、古谷多賀子さん、栗原勝風さん、和田容子さん、古谷彰宏です。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/02/16,12:20:12] No.1437
句会後、関東同人会の「吟旅計画案:5月18日(月)〜19日(火)千葉勝浦方面・森田純一郎先生御参加」が本多悠天さんから発表されました。

かつらぎ例会報勉強会の後、皆様の心に響いた1句は次の通りです。

 今津線混み合ふ今日は大試験   煤逃げの獣園空の檻ばかり
 春雨や施肥のほどよく馴染むほど 指笛を吹く深追ひの猟犬に
 まだ動くシンガーミシン日脚伸ぶ 見られても読めぬ乱筆日記果つ
 戦なき七十余年年明くる     推敲のうまくゆかざり蜜柑むく
 いくたびも挫折せし書を読初めす


画像タイトル: ホオジロ -(Diet 250 KB→256 KB)

三寒四温 名前:  紫 水 [2020/02/16,10:11:19] No.1431 返信 (t)

 まだまだ寒いですが、不思議と

 野鳥撮影の時は暖かいです。

 野鳥の留まる葦はグゥーンと下がります。

 風情のある北国ですが、内地は桜の頃が間近ですね。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/02/16,11:01:31] No.1432
紫水 様

小さくて鳥の名が判りませんでしたが、ホオジロだったのですね。
紫水さんもホオジロも積雪のなか、さぞや寒かったと想像しています。
素晴らしい写真、ありがとうございます!


画像タイトル: 雪の枝 -(42 KB)

ビックリです。 名前:  紫 水 [2020/02/08,19:21:15] No.1429 返信 (t)

 ウソ がいました。

 少々、上梓し過ぎですが。

  
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/02/09,09:39:02] No.1430
紫水 様

天神様の「鷽替え神事」の時期ですから、
貴重な写真を掲載してくださり、本当に有難いです!


画像タイトル: 雪の枝 -(102 KB)

さぁ〜 名前:  紫 水 [2020/02/06,17:01:45] No.1427 返信 (t)

 楽しいことを続けましょう。

 東京の古谷さんお元気で呑んでますかぁ?

 北国では野鳥がナナカマドの実を食べます。

>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/02/07,16:09:41] No.1428
紫水 様

赤いナナカマドの実、枝に積もった雪を散らしながら
小鳥が突いている。赤と白と小鳥、素晴らしい写真を
宝庫から取り出すようにUPくださり、有難うございます。

こちら関東は昨日、今日、本物の大寒のような寒さです。
熱燗が美味しいです。
外で飼っている目高ですが、大きな容器の中が厚い氷に覆われ、
心配しています。
太陽はさしているのですが、一向に氷は溶けません。
本来ならば、薄氷の季節ですが・・・・。

また北海道の写真を御願い致します。、


画像タイトル: ヤマセミ -(168 KB)

 拝見 名前:  紫 水 [2020/02/05,20:17:57] No.1425 返信 (t)

 春のHP 見ました。

 ひばり の声は聴いたことがありますが

 姿はチョピリだので今年は見に行きます。

 添付は昨日の サッポロ!

 どこかにヤマセミがいます。
>> 春の動画 名前: 森田教子 [2020/02/06,07:19:13] No.1426
紫水さん、写真ありがとうございます。

トップページの季節の動画、いつもとても苦心して探してもらっています。
雲雀の姿は、最初より小さくしてもらいましたので、姿はわかりにくいです。実際にも目にすることはなかなか難しい鳥ですね。


画像タイトル:img20200129162806.jpg -(104 KB)

そのなんです 名前:  紫 水 [2020/01/29,16:28:06] No.1423 返信 (t)

 今の時期は シマエナガ です。

 昔 撮りました。

 (前のオシドリはたしか前に出しました)
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/30,12:45:58] No.1424
何とも可愛らしい小鳥ですね。特に口元が愛らしいですね〜。

紫水 様
いつもありがとうございます!


画像タイトル: オシドリ -(72 KB)

寒いぃ〜 名前:  紫 水 [2020/01/29,09:32:22] No.1422 返信 (t)

 冬ごもりで日々昔撮りました

 写真をみてすごします。

 


画像タイトル:芭蕉記念館・分館での句会 -(72 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所の国技館 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:33:32] No.1417 返信 (t)
1月18日(土)は本当に寒い日でした。
朝から、霙(みぞれ)が降り続き大寒のような寒さでした。

かつらぎ1月号、第二席の栗原勝風さんに、大きな拍手で御祝いを申し上げました。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,20:54:00] No.1418
12月の例会報には、関東の住人には分からない固有名詞が出て来ました。「くすり道」とか「どんどろ大師」とか。インターネットで予習して勉強になりました。

句会後の例会報勉強会で皆さんの心に響いた1句は次の通りです。
 聖母像囲みゐる木々枯れ知らず  兵の墓増ゆることなき国の春
 流派超え好まるる御句青畝の忌  煤逃げや昭和のままの喫茶店
 大根干す傾きやすき峡の陽に   見返ればやはり独りや落葉踏む
 神仏同じ袋に納札        霜柱踏めば波郷のひびきあり
 太陽へつぶやく如く返り花    寒紅を強く引きゐて挫けざる
>> 明けましておめでとうございます 名前: 純一郎 [2020/01/20,23:26:02] No.1419
東京支部句会はいかにも東京らしく初場所の国技館を吟行されたのですね!東京支部の皆様のお顔を拝見することが出来て非常に嬉しくまた心強く思います。是非、四月になって平日に休めるようになったら行く機会を見つけたいと思います
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/21,10:21:31] No.1420
純一郎先生
改めまして新年明けましておめでとうございます。今年も関東の諸句会の御指導、よろしく御願い申し上げます。
4月以降の御上京を楽しみに御待ち致して居ります。

記念写真の上に掛かっている浮世絵は、北斎の「万年橋下」で遠景に富士山、近景の橋下には小名木川を来る塩舟(江戸時代に塩を運んだ)が描かれています。
芭蕉記念館・分館は万年橋の直ぐ近くで、分館の上には露天に芭蕉像が隅田川を眺めて居られます。当日、芭蕉像の御顔には霙の雫が垂れかかっていました。
芭蕉記念館近くには深川飯(浅利飯)の老舗もあります。何時か先生を御案内出来ればと思っています。
>> 無題 名前:  紫 水 [2020/01/21,17:11:36] No.1421

13名の精鋭ですね。

 いつも楽しそうでなによりです。

 こちらはいつのまにやら雪がパラパラです。

 屋根に電気を通し雪を溶かす装置がありますが

 今年はまだ動かしていない。


画像タイトル:庭園の雪吊り -(97 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所の国技館など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:25:36] No.1416 返信 (t)
庭園の雪吊りです。

霙(みぞれ)がやまず、とても見ていられない寒さでした。

句会場の芭蕉記念館・分館に行ったところ鍵がかかって居り、芭蕉稲荷(芭蕉庵の址)にお参りした後、暖房の効いた本館で暖まり分館の開場を待ちました。


画像タイトル:相撲甚句 -(106 KB)

東京支部句会・令和2年清澄庭園、初場所国技館など吟行 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/20,18:17:17] No.1415 返信 (t)
1月18日(土)は朝から、霙(みぞれ)が降る本当に寒い日でした。

前相撲の若手力士は、霙にもかかわらず傘もささずに場所入りする姿も多く見られました。

とても見ていられない寒さで、観光案内所に逃げ込み、本物サイズの土俵上での相撲甚句を聞くことが出来ました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!