[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:天日干し -(66 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・二日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,11:03:03] No.1393 返信 (t)
小川町の久保昌太郎和紙工房で、我々俳人の為に天日干ししてくださった久保晴夫先生との記念写真。

快晴でしたが風の強い日でした。北側と西側には工房の建物があるので
紙干し板は倒れないようになっている。先々代の知恵だそうです。


画像タイトル:杉板から木目が鮮明に移った紙をはがす久保晴夫先生 -(52 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・二日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,10:55:42] No.1392 返信 (t)
紙漉きの歴史、技術の伝承の仕方、などなど貴重な体験を語りつつ、作業を続ける久保晴夫先生です。

父親の久保昌太郎先生は、口では何も教えてくれなかった。自分が息子に教える立場になって、その理由が判ったそうです。

口で教えるのは簡単、でもそれでは本当に困ったときに解決する能力は身につかない。多くの失敗を重ねて初めて解決能力が身につく。

俳句も含めて、多くのことに通じる伝承の心得」と思いました。


画像タイトル:埼玉県小川町の久保昌太郎和紙工房 -(60 KB)

世界遺産の紙漉き吟旅・二日目 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,10:43:45] No.1391 返信 (t)
久保昌太郎和紙工房の庭で久保晴夫先生が楮の皮を煮る様子を見せてくださいました。

楮の皮をはいだ楮の木は中に空洞があり、よく燃えるのです。


画像タイトル: 散歩道 -(Diet 1951 KB→184 KB)

雪で作句 名前:  紫 水 [2020/01/11,17:13:42] No.1388 返信 (t)

 北の里は雪が少なくて。

 散歩道も寂しさがまさります。

 雪は暖かい感じしますが、ないとかえって寒いです。

 なんと表紙に件では少々反響ありました。
>> 冬景色 名前: 森田教子 [2020/01/12,00:53:47] No.1389
紫水さん、すてきな冬景色の写真をありがとうございます。
関西も暖かいです。
人けのない雪が積もったベンチと青空。
詩情ありますね。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2020/01/12,10:34:47] No.1390
積雪の快晴、雪が積もった三つづつ並んだベンチ、なにかを語り掛けて来るような詩情豊かですね〜。


初景色 名前: 長谷阪節子 [2020/01/01,18:36:11] No.1387 返信 (t)
あけましておめでとう御座います。
美しい初日の出に感動しました。
都会暮らしでは見ることが出来ない雄大な景色です。
かつらぎ誌の今年の、表紙は爽やかですね。
いつか行った奥入瀬渓流を、思いだしました。


画像タイトル: 初日の出 -(75 KB)

新年 名前:  紫 水 [2020/01/01,16:35:48] No.1386 返信 (t)

 あけましていめでとうございます。

 初詣に行きました。滑るので〜〜〜。


画像タイトル: ミヤマカケス -(162 KB)

すぐその気になります 名前:  紫 水 [2019/12/31,17:39:13] No.1385 返信 (t)

 あまり褒めないでください。

 酒の酔いも交じりると調子ものになります。

 ただ 写真の心はたくさんフィルムを撮ったからです。


画像タイトル:img20191228174557.jpg -(Diet 403 KB→211 KB)

新年号 名前:  紫 水 [2019/12/28,17:45:57] No.1382 返信 (t)

 届きました。

 表誌の件 深謝です。

 反響 早くも2件 ありました。

 いつも 野鳥探しに行く水源地の見張り小屋です。

 (明治の時代らしい)

>> かつらぎ表紙写真 名前: 森田教子 [2019/12/29,23:47:46] No.1383
佐々木紫水さま、2020年のかつらぎ表紙、お蔭様で素敵に出来上がりました。ありがとうございました。
1月号ではご紹介できませんでしたので、次号でご紹介させて頂きます。
神々しさを感じる奥入瀬渓谷、一度行ってみたいです。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2019/12/31,10:03:54] No.1384
何時もながら、紫水さんの風景写真は素人の眼にも詩情豊かで、色彩感覚・コントラストが際立っていて大きな感動を与えてくれます。

生まれながらの詩情ゆたかなDNAを御持ちなのですね。
とても羨ましいです!


画像タイトル: 凍てる! -(165 KB)

 年末です 名前:  紫 水 [2019/12/24,17:29:55] No.1380 返信 (t)

 そろそろ師走の感じがします。

 が、雪がなく いいようですが

 寒々しております。

 ヤマセミの嘴の先が凍ってます。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2019/12/25,14:46:30] No.1381
紫水 様

何時もながら、紫水さんの鑑賞眼には驚きます!

寒さの中での根気にもまた驚きます!


画像タイトル:宮坂区民センターの句会 -(78 KB)

東京支部句会・令和元年12月ボロ市吟行 名前: 古谷 彰宏 [2019/12/17,15:30:34] No.1377 返信 (t)
今年最後の東京支部句会は、小春日和の世田谷のボロ市吟行でした。

名古屋から中島葵さんはじめ3名が御出席くださいました。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2019/12/17,15:48:11] No.1378
句会後の「11月かつらぎ例会報」の勉強会で皆さまの心に響いた一句は次の通りです。

 すでにして茶屋は釘付け崩れ簗  夜な夜な出づる蟷螂の枯れきれず
 口切りの香の匂へる座に直る   湖鳴りに支え棒足す緋蕪稲掛
 ろう長けてゐるがあはれよ七五三  わが背丈超す長さあり蓮根掘る
 青青と百万石のひつじかな      一人は楽し一人は淋し落葉踏む
>> 無題 名前:  紫 水 [2019/12/18,11:22:42] No.1379

なかなか盛会でいいですネ。

 やはり刺激を受け又するといい吟行句

ができるんでしょう、いいなぁ!


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!