[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ]


画像タイトル: シマエナガ -(96 KB)

北の里 名前: 紫水 [2022/01/09,15:36:59] No.2997 返信 (t)
 シマエナガと言います。
 「雪の妖精」と呼ばれます。
 すばしっこいのでうまく撮れません。
>> 無題 名前: 紫水 [2022/01/09,18:00:56] No.3000
冬の楽しみです。


画像タイトル:img20220106141920.jpg -(Diet 2017 KB→159 KB)

明日は七草 名前: 敷島鐵嶺 [2022/01/06,14:19:20] No.2995 返信 (t)
大阪のスーパーで愛媛県西条市の七草を見つけました。
>石鎚山からの伏流水 うちぬきの水で育った七草です。
皆様お早めに買いに行ってくださいませ。


天王寺動物園予約 名前: 敷島鐵嶺 [2022/01/04,06:45:24] No.2993
返信 (t)
1月8日吟行会
天王寺動物園は予約が必要です。
大阪市内在住以外の65才以上の方も要予約です。

https://www.tennojizoo.jp/info/reserve/


画像タイトル:img20220102185444.jpg -(Diet 398 KB→117 KB)

初詣 名前: 紫水 [2022/01/02,18:54:44] No.2992 返信 (t)

 吹雪の合間にチョットの腫れ!
 初詣に行きました。並んでいたので
 なにも頼むこともなくソクソクと降りました。
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2022/01/04,11:28:40] No.2994
北海道の新雪と真っ赤な鳥居、見事な取り合わせですね〜。
紫水さんの写真には何時も色彩の取り合わせの素晴らしさを感じます。

俳句も季語と付かず離れずの取り合わせが大切と学びました。
青畝先生は連句は、その付かず離れずの勉強になると教えて
くださいました。
随分昔のことですが、「かつらぎ」に連句のページがあり、岡本春人さんが執筆なさって居られました。


画像タイトル:img20220102141055.jpg -(Diet 447 KB→87 KB)

みどう俳壇1月号 名前: 敷島鐵嶺 [2022/01/02,14:10:55] No.2989 返信 (t)
今年初めての主宰選句です
>> 画像タイトル:img20220102141235.jpg -(Diet 607 KB→115 KB)

無題 名前: 敷島鐵嶺 [2022/01/02,14:12:35] No.2990
本文なし

>> 画像タイトル:img20220102141310.jpg -(Diet 344 KB→91 KB)

無題 名前: 敷島鐵嶺 [2022/01/02,14:13:10] No.2991
本文なし

>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2022/01/08,15:35:22] No.2996
鐵嶺 様

みどう俳壇の1月号入選句、ありがとうございました。
なぜか1月号の配達が未着なのです。
次回は2月10日投句締切、了解しました。


画像タイトル:初富士です -(74 KB)

狭山の茶畑から見る初富士です 名前: 古谷  彰宏 [2022/01/02,07:46:38] No.2988 返信 (t)
皆様 新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしく御願い致します。

我が家から富士山までは直線距離で約100キロ。
特に風が強い真冬の早朝はぐ〜んと迫って大きく見えます。


画像タイトル:img20211230132547.jpg -(Diet 410 KB→146 KB)

 雪吊り 名前: 紫水 [2021/12/30,13:25:47] No.2986 返信 (t)
 今年も数え日となりました。
 たくさん、皆さまへ感謝と
 来年の幸を申します。

 北の地の「雪吊り」です。
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2021/12/31,14:38:33] No.2987
紫水 様

関東地方名園の御飾りのような雪吊りとは全く違う、本物の雪吊りの
様子ですね。まさに北海道を感じます。
1句、御願いします。

また来年も北海道の写真、沢山御願いします。

一番大切なことを申し上げます。
2022年の「かつらぎ」の表紙写真、本当に素晴らしいです!
あれ、そのようなコメント誰も載せないのかなあ〜。


画像タイトル:img20211228182611.jpg -(Diet 531 KB→133 KB)

角川俳句2月号広告 名前: 敷島鐵嶺 [2021/12/28,18:26:11] No.2982 返信 (t)
角川俳句1月号巻末にあった2月号の広告
純一郎主宰の第三句集の名前が大きくでています。
これは何か特集?

>> 画像タイトル:img20211228182648.jpg -(Diet 947 KB→136 KB)

無題 名前: 敷島鐵嶺 [2021/12/28,18:26:48] No.2983
本文なし

>> はい、そのようです 名前: 森田純一郎 [2021/12/28,20:48:08] No.2984
角川の「俳句」2月号に色々と出るようです。私の第三句集「旅懐」のこと、「かつらぎ」の結社賞のこと、などなど・・・ 
楽しみにしておいて下さい
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2021/12/30,10:30:33] No.2985
鐵嶺 様

一年間、「かつらぎ」に関する貴重な情報をタイムリーに広報くださり、ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

我が町は本屋さんが二軒とも閉鎖され、文化に乏しい過疎地になりかけています。


画像タイトル: 近代の型 -(Diet 340 KB→92 KB)

届きました 名前: 紫水 [2021/12/27,15:42:37] No.2981 返信 (t)
 1月号が届きました。
早いですネ。これから 煤払いだけど
読む方がいいみたいな!!

 一応循環のチンチン電車です。


無題 名前: 古谷  彰宏 [2021/12/26,14:52:09] No.2980 返信 (t)
12月22日は青畝忌でした。先生を偲んで四季選集を取り出し、先生の巻頭言を拝読しました。(抄)
第7巻:若い人は美しい遺産と見て是非作品から学びとってほしいと思う。
第10巻:俳句は当世流行を追うすたれ易い性質のものではなく、時代に影響されず光る不易であれと念願している。
第15巻:四季選集に採録する仕事は私のライフワークである。これによって俳句の指針を明らかに示さねばならない。この頃、新しがって新月並に陥るのを恐れずにはおられぬ。軽みといわれることも只事の表現に誤解してはならない。
第16巻:不易と流行とを念頭に現代人らしいアンソロジーが揃っているかどうかを問いたい。

改めて拝読しますと、まさに純一郎先生が日頃指針としていろいろな場面で説いて居られることと一致していると思います。これが「かつらぎ」の貴重な伝統であると青畝忌にしみじみ思いました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!