[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:諏訪の茶屋と梅 -(49 KB)

二木会・2月皇居東御苑吟行 名前: 古谷彰宏 [2018/02/24,09:28:42] No.850 返信 (t)
梅が見事な二の丸にある諏訪の茶屋です。

吹上御所から移築したそうです。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/02/24,09:30:16] No.851
説明を間違えました。すみません!

二の丸雑木林の片隅のモグラ塚です。


画像タイトル:梅林坂の説明 -(50 KB)

二木会・2月皇居東御苑吟行 名前: 古谷彰宏 [2018/02/24,09:24:27] No.849 返信 (t)
太田道灌が江戸城のこのあたりに約600本の梅を植えたのが、この梅林の始まりだそうです。

天神濠の近くにあります。


画像タイトル:東御苑の書陵部前の梅です。 -(51 KB)

二木会・2月皇居東御苑吟行 名前: 古谷彰宏 [2018/02/24,09:18:56] No.848 返信 (t)
書陵部の建物の前の梅が真っ盛りでした。

書陵部は約40万冊もの書籍類を保存、修復や各地の御陵を管理される部署です。

書陵部は梅林坂を上がりきったところにあります。
>> 無題 名前:  紫 水 [2018/02/25,09:19:41] No.856
梅の花 すばらしい手入れされた所

 皇居ならではの景ですね。

 淡い色彩に惚れ惚れします。


画像タイトル:皇居平川門から御濠を臨む -(49 KB)

二木会・2月皇居東御苑吟行 名前: 古谷彰宏 [2018/02/24,09:09:02] No.847 返信 (t)
2月22日(木)霙(みぞれ)の中を東御苑を吟行しました。
平川門の皇居の衛士さんが荷物検査に際して、ニコニコと温かく迎えてくださいました。御互いに「霙の中を本当に御苦労様」と思い合う感じでした。
写真は平川門の橋の上から御濠の鴨を覗いたところです。


画像タイトル: チョット丸いけど -(139 KB)

 ちょっと丸いけど 名前:  紫 水 [2018/02/20,17:46:57] No.845 返信 (t)

 三角屋根・・・。

 ちょっとイメージして撮ったのがありました。

 北海道の 羊蹄山です。

 富士山と同じ360度から見えます。


 

>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/02/21,08:44:17] No.846
紫水 様

本当に富士山によく似ていますね。素晴らしい写真です!
いつもありがとうございます。

パソコンの待ち受け画面に欲しい景色です。


画像タイトル: 孤高 -(170 KB)

 数年前 名前:  紫 水 [2018/02/17,14:50:45] No.842 返信 (t)

 鴛鴦の句を2月号で詠みました。

 自分で撮った昔を思い出し・・・。

 渡りの仲間からついて行けなく留まってました。

>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/02/18,08:53:16] No.844
素晴らしい写真ですね〜。

以前、赤煉瓦で有名な北海道旧道庁の池で、また北海道大学の池でオシドリを見かけたことがあります。


画像タイトル:百々手式の装束 -(56 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2018/02/13,00:48:39] No.840 返信 (t)
 蟇目の儀に続き百々手式の歩射がありました。
百々手(ももて)式とは、10人の射手が10手(1手は甲矢乙矢の2筋)を射って合計百手となることからです。
 ここでは6人ずつ2回の歩射が行われました。所作一つずつとてもゆっくりしていてもどかしい気もしました。6人が一列に並びそこから一人ずつ等間隔の間をおいて矢を射るのです。
 画像は射手の装束です。黒烏帽子に男性はいろいろな模様の直垂、女性は水干で、浅沓です。甲矢乙矢に弓、懐紙と中啓を持っています。端の方の弓は重藤です。

 黒烏帽子色直垂の射初式   太刀持の控へてをりて射初の儀

又熱田の森では
 
 信長塀あたりうろうろ恋の猫  大御神拜すにマスク外しけり

 恐竜の爪とも蘇鉄霜囲     楽勝と二文字大書受験絵馬

 謂れ記し不開門は凍てて建つ  笹鳴や開かずの門を開けて欲し

 
>> 射初式 名前: 森田教子 [2018/02/17,11:38:41] No.841
古式に乗っ取った珍しい射初式の写真、ありがとうございます!
どれも、春がもうすぐそこまで、という明るさを感じる写真ですね。

百射で邪気を払うのですね。

塩の道吟行会の皆様の益々のご健吟をお祈りします。


画像タイトル:img20180212234901.jpg -(58 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2018/02/12,23:49:01] No.839 返信 (t)
 紀元祭に続き神殿の前庭で、小笠原流蟇目の儀・百々手式の歩射が奉納されました。
 先ず蟇目の儀で祓いをします。画像は蟇目の鏑矢を射ようとしているところです。蟇目と言われるのは、あける空気穴が蟇の目に似ている、矢鳴りが蟇の鳴き声に似ているなど諸説あるようです。この鏑矢を射った時の音が降魔となるようです。

 
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/02/18,08:48:51] No.843
鏑矢を射るのは小笠原宗家嫡男の小笠原清基さんですね。
毎年1月2日に靖国神社で、また翌々日鎌倉鶴岡八幡宮でも
鏑矢を射るのを拝見しています。

青畝先生の句碑(広き野に霊の清水のあるところ)がある東京都杉並区の大宮八幡宮の射手も参加されて居られるようです。


画像タイトル:熱田神宮紀元祭 -(60 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2018/02/12,23:14:17] No.838 返信 (t)
 2月11日の建国記念日、塩の道句会は熱田神宮を吟行しました。神宮では紀元祭とそれに続いて、奉納の小笠原流蟇目の儀・百々手式の歩射神事がありました。
 熱田神宮のご祭神の熱田大神は草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代とされる天照大神のことで、ほかに素戔嗚尊、日本武尊等五神様が祀られています。古くから「熱田さん」と呼ばれ篤い崇敬を集めています。
 
 画像は紀元祭の様子ですが、神官たちが先ず玉砂利に座ります。それから木箱から金色の大小の鍵を持ち出し本殿に入ります。本殿の中の神事は雅楽は聞こえてくるのですが外からは見えません。雅楽が止み本殿から神官たちは先の鍵を持って出て、また木箱にその鍵を納めます。

 神剣を祀れる宮居紀元節    鰹木の金燦然と紀元節

 神籬に神官座せる紀元節    金色に千木輝いて紀元節


えぇ〜 名前:  紫 水 [2018/02/10,16:20:12] No.836 返信 (t)

 只今、NHKの俳句見ていたら・・・。

 確か 見覚えの 俳人の名がありました。

 すばらしいです。



( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!