[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


画像タイトル:東京都の天然記念物の榧の木 -(51 KB)

東横線句会・9月吟行・九品仏、等々力渓谷 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/28,21:59:00] No.1011 返信 (t)
境内には、東京都の天然記念物の大イチョウと榧(かや)の木があり、銀杏や榧(かや)の実が沢山落ちていました。

銀杏は強い異臭がするのですが、榧の実は良い香りがします。

また、榧の実は外皮が簡単に剥けるので評判が良いのです。


画像タイトル:境内の加藤楸邨句碑 -(51 KB)

東横線句会・9月吟行・九品仏、等々力渓谷 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/28,21:41:26] No.1010 返信 (t)
九品仏のある境内には加藤楸邨の句碑がありました。

  静かなる力満ちゆきはたはたとぶ  楸邨
  (バッタの異称のハタハタは漢字です)

元は城跡だったという広々した境内は、静寂そのものです。


画像タイトル:九品仏の上品上生(じょうぼんじょうしょう)佛 -(50 KB)

東横線句会・9月吟行・九品仏、等々力渓谷 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/28,18:44:43] No.1009 返信 (t)
浄眞寺には三つの阿弥陀堂(上品堂=じょうぼんどう・中品堂=ちゅぼんどう・下品堂=げぼんどう)があり、それぞれ三体の阿弥陀様(上生=じょうしょう・中生=ちょうしょう・下生=げしょう)を安置されています。合計九体の阿弥陀様があり、九品仏(くほんぶつ)と呼ばれています。
 写真は上品上生佛(じょうぼんじょうしょうぶつ)です。


画像タイトル:浄眞寺の閻魔様 -(51 KB)

東横線句会・9月吟行・九品仏、等々力渓谷 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/28,18:25:19] No.1008 返信 (t)
浄眞寺の山門を潜ると直ぐ右側に閻魔堂があります。

どういうわけか、焔魔堂の奥の蛍光灯が寿命が来ているようで、
点滅しきり。とても効果的な点滅でした。


画像タイトル:浄眞寺(九品仏)の山門 -(51 KB)

東横線句会・9月吟行・九品仏など 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/28,18:19:06] No.1007 返信 (t)
9月27日(木)秋雨の中の吟行となりました。


画像タイトル:子規庵の小部屋に展示されている一日の献立 -(48 KB)

東京支部・9月大龍寺・子規庵吟行追加 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/25,17:37:26] No.1006 返信 (t)
子規庵の間取りは、客間は八畳。子規の終焉の部屋は六畳。妹律の部屋は四畳半で子規の部屋の隣り(庭とは反対側)。母八重の部屋は僅か三畳で玄関を入ってすぐ右の狭い部屋で、子規の部屋とはやや離れています。

母八重さんが自己犠牲し、子供達優先で生活されていたことに親心の有難さを強く感じました。



画像タイトル:根津ふれあい館での句会 -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,15:08:38] No.1003 返信 (t)
先ずは柿ひとつお供えのある田端・大龍寺の子規の墓所に御参りし、
鶯谷の子規庵(10時半開庵)の特別展へ。ラマ教の曼陀羅、男っぽい律の代筆の墨汁一滴の原稿(初公開)・歳旦帳など貴重な資料を拝見。

句会後、全国同人大会の役割分担や手順など詳細な打合せを行いました。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,15:19:41] No.1004
例会報の勉強会後、皆さんの心に響いた句は次の通りです。

 次々と海霧の中より船現るる   生きる為なる大食ぞ子規祀る
 遠からず墓じまひせむ墓洗ふ   蚊火腰に園丁話し好きらしく
 身を反らし大雪渓を仰ぎ見る   積木めく森の教会小鳥来る
 会釈して互ひに日傘傾ける    水団を作りてしのぶ終戦忌
 語り合ふはらからは亡し盆供養  ひきがえる田水濁して身を隠す
>> 拝見しました 名前:  紫 水 [2018/09/21,14:02:34] No.1005

 子規庵 拝見させて頂きました。

 そうかぁ、「いくたびも・・・」 から

 病床6尺 となったわけですね。

 ( たしか 中学ぐらいで習いました)


 


東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:48:48] No.1002 返信 (t)
正岡子規の「病床六尺」の文章第26話(明治35年6月5日)の中に子規の周辺にあったものが詳しく書かれていますが、その一つがラマ教の曼陀羅です。写生派の子規らしく曼陀羅の絵の様子が詳しくか書かれています。 病床六尺・第26話を御参照ください。

今回、子規忌に因んで公開されました。


画像タイトル:ラマ教の曼陀羅 -(46 KB)

無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:40:31] No.1001 返信 (t)
本文なし


画像タイトル:子規庵の糸瓜棚 -(50 KB)

東京支部句会・9月大龍寺・子規庵吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/09/18,14:39:48] No.1000 返信 (t)
子規庵の庭の糸瓜棚です。

今年はしっかいとした糸瓜が成りました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!