[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]


東京支部句会・6月三鷹市街、玉川上水周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/17,13:20:01] No.929 返信 (t)
玉川上水沿いは、自然生えの小粒の枇杷がなっていたり、桑の実がなったり、つゆ草、ドクダミ、昼顔、キツネノカミソリなど、いろいろ自然豊かです。

写真は、棘だらけの鳥止まらず(タラの木)の幹を悠然と這うカタツムリです。まさか、こんなにも棘の多い幹を這うカタツムリがなんとも不思議です!
>> 画像タイトル:img20180617132108.jpg -(46 KB)

無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/17,13:21:08] No.930
本文なし



画像タイトル:玉川上水周辺の紫陽花 -(49 KB)

東京支部句会・6月三鷹市街、玉川上水周辺吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/17,12:30:49] No.928 返信 (t)
鬱蒼とした玉川上水沿いは、紫陽花が真っ盛りでした。

玉川上水を茂った樹木の間から覗くと、太宰が入水した頃とは異なり、梅雨時でも水量は比較的少なく、気の毒にも見るからにヘルペスを患ったと判る鯉が泳いでいました。

紫陽花や額紫陽花など美しい花を見て、川面は見なければ良かったのにとも思いました。


画像タイトル:三鷹駅周辺・玉川上水 -(50 KB)

東京支部句会・6月三鷹市街、玉川上水周辺 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/17,12:19:17] No.927 返信 (t)
太宰忌(6月19日)が近い6月16日(土)、雨が心配される三鷹市街、玉川上水周辺を三々五々吟行しました。
太宰治は6月13日愛人と玉川上水の紫橋の少し上流で入水、19日川下で発見されたと伝わっています。


無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/12,13:52:26] No.926 返信 (t)
白い鈴蘭とちょっとだけ見える赤い花苺の対比が見事ですね〜。


無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/12,13:51:51] No.925 返信 (t)
白い鈴蘭とちょっとだけ見える赤い花苺の対比が見事ですね〜。


画像タイトル: すずらん -(Diet 345 KB→344 KB)

 わかりますね 名前:  紫 水 [2018/06/02,17:07:11] No.922 返信 (t)

 家の北側の日の差さない所

 満開です。
>> 無題 名前: 古谷 彰宏 [2018/06/11,17:07:45] No.923
鈴蘭の下の方に微かに赤い花のような物が見えるのですが、
なんでしょうか?
>>  ハァ〜イ 名前:  紫 水 [2018/06/12,07:17:15] No.924
 
 花イチゴです。


画像タイトル:石神井公園、ふるさと文化館での句会 -(48 KB)

東京支部句会・5月石神井公園、三宝寺池吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/05/22,17:51:48] No.920 返信 (t)
石神井公園、ふるさと文化館での句会の写真です。
会場は小森葆子さんが確保くださいました。披講は青山奈重さんでした。
句会後、かつらぎ例会報の勉強会で皆さんの心に響いた句は次の通りです。
 夜桜のどこかに潜む花の精   春陰や青児の女みな伏目
 ターナー展出づれば春の嵐かな 桜鯛糶る明石の門目の前に
 白酒や今宵限りの雛と酌む   身の箍をはづすかに脱ぐ花衣
 演能の正面にして目借時    地上には見えぬ筍感で掘る
>> 東京支部句会 名前: 森田教子 [2018/05/23,17:59:48] No.921
東京支部の皆様、いつも消息をお知らせ頂き、ありがとうございます。
青山奈重さん、披講ありがとうございます。
例会入選句、いち早くピックアップして頂き、有難く思います。

走り梅雨のようです。どうぞお身体お大事に。


画像タイトル:姫塚 -(50 KB)

東京支部句会・5月石神井公園、三宝寺池吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/05/22,17:35:19] No.919 返信 (t)
三宝寺池の小高い丘に姫塚と殿塚が残っています。

写真は姫塚です。


画像タイトル:石神井城の落城の碑 -(50 KB)

東京支部句会・5月石神井公園、三宝寺池吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/05/22,17:30:14] No.918 返信 (t)
落城の悲しい経緯が書かれています。


画像タイトル:三宝寺池の睡蓮 -(50 KB)

東京支部句会・5月石神井公園、三宝寺池吟行 名前: 古谷 彰宏 [2018/05/22,17:22:11] No.917 返信 (t)
三宝寺池は石神井城の御濠があった場所です。

太田道灌勢に攻められて、城主の豊島氏が金の鞍を付けた白馬にまたがって三宝寺池に入水、娘の照姫も入水したとの伝説が残っています。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!