[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / ]


無題 名前: 近藤八重子 [2020/05/16,14:38:53] No.2011 返信 (t)

  すみません。不慣れなものでダブってしまいました。

   4句です。


支部便り 名前: 近藤八重子 [2020/05/16,14:23:12] No.2010 返信 (t)
 偏西風凪てぽかんと春の雲
 ふれ売りの轍の跡やたんぽぽ黄
 画架たつる遠近法の夏木立
 下萌えの丘に黒牛放たるる
 ふれ売りの轍の跡やたんぽぽ黄
 ふれ売りの轍の跡やたんぽぽ黄 
 偏西風凪てぽかんと春の雲
 画架たつる遠近法の夏木立  
 下萌えの丘に黒牛放たるる







支部だより吟行 名前: 中島 葵 [2020/05/16,10:56:02] No.2007 返信 (t)
チェコ民謡聞こへてくるよ牧みどり


支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/14,19:49:14] No.1984 返信 (t)
紫水さま 素晴らしい写真!有難うございます。


残雪の山の懐牛の列 


支部だより吟行 名前: 長谷阪節子 [2020/05/14,18:24:36] No.1983 返信 (t)
紫水さま 北海道ならではの写真有難う御座います。

放牛の黒点となる青野かな
牧開く彼方に嶺々の真白なる
起伏ある牧に夏雲影おとす


画像タイトル: 牧 場 -(63 KB)

 再登場 名前:  紫 水 [2020/05/14,17:35:51] No.1982 返信 (t)

 高原の景
 撮影日  1997年6月15日
 撮影場所 大雪山の山懐
 見える山 ニセイカウシュッペ山

 
>> 支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/14,20:03:43] No.1985
雪形や牧牛の列歸り行く
>> 支部だより吟行 名前: 木村由希子 [2020/05/14,22:00:20] No.1986
銀嶺を指して駆け出す厩出し
アイヌ語の名の山見ゆる牧開
>> 支部だより吟行 名前: 野村親信 [2020/05/14,23:54:26] No.1988
雪渓の至るところにカムイ在す
神々の山の噴煙雲の峰
大雲海大雪山を覆ひけり
>> 支部だより吟行 名前: 平田冬か [2020/05/15,06:30:01] No.1989
厩出し大雪山はまだ真白   冬か
>> 支部だより吟行・大雪山 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/15,07:18:01] No.1991
紫水様  素晴らしい北海道の大景、ありがとうございます!

 神々の座はまだ白く牧開  彰宏
 神々の白き座迫る牧開   彰宏
>> 無題 名前: 古谷  多賀子 [2020/05/15,07:22:07] No.1992
 音符めき黒牛の散る牧みどり  多賀子
 パノラマの如雪嶺の迫り来る  多賀子
 カムイ在します雪嶺の遥かなる 多賀子
>> 支部だより吟行 名前: 山崎圭子 [2020/05/15,08:57:41] No.1993
大雪(だいせつ)の山懐に厩出し
雪渓の嶺々を望める牧広し
山懐夏草の牧は渺々
>> 支部だより吟行 名前: 塚康文 [2020/05/15,10:14:17] No.1994
千の牛千の風吹く牧開

神遊ぶ庭てふ山のちんぐるま
>> 支部だより吟行・大雪山 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/15,16:03:12] No.1995
 馬柵はなく霊峰はあり牧開  彰宏
>> 無題 名前:  紫 水 [2020/05/15,16:46:35] No.1996
黒牛ぞホルスタゐぬの牧開
アンガスと呼ばれしモー牧開
>> 支部だより吟行 名前: 竹内万希子 [2020/05/15,17:01:13] No.1997
遥かなる雪嶺まぶし厩出し
岳麓の牧広々と仔馬跳ね
みはるかす牧の起伏や雲の峰
>> 支部だより吟行 名前: 斎藤 利明 [2020/05/15,17:11:04] No.1998
雪嶺の稜線遥か牧開
>> 支部だより吟行 名前: 塚康文 [2020/05/15,19:42:33] No.2000
雲の峰千春の歌の大地あり
>> 無題 名前: 安藤悠木 [2020/05/15,20:00:56] No.2001
大雪山そびら長閑や放牧す
雲海の隙に放牛草を食む
牧の果てその一点に登山口
>> 支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/15,20:58:32] No.2002
雪嶺の山懐を牛の群れ
>> 支部吟行 名前: 村手圭子 [2020/05/15,21:49:02] No.2003
鈴蘭の野を牧牛の列なせり
遠郭公大雪山のあたりより
雲の影動き行く牧ほととぎす
>> 訂正 名前: 塚康文 [2020/05/16,00:02:31] No.2004
すみません、訂正します。「雲の峰」を「天高し」に

天高し千春の歌の大地あり
>> 支部だより吟行 名前: 平田冬か [2020/05/16,09:02:24] No.2005
行けど牧行けども牧場風光る  冬か
>> 支部だより吟行 名前: 中島 葵 [2020/05/16,10:31:38] No.2006
雪形の現れしをしほに牧開く
雲の影たゆたふ牧に仔馬跳ぬ
>>  支部たより吟行 名前:  紫 水 [2020/05/16,13:36:17] No.2008
十勝式牧開けにけりひとつ群れ
>> 無題 名前: 篠原かつら [2020/05/16,14:01:42] No.2009

牧開き大雪山の大裾野
深呼吸大雪嶺に対峙して
牧開き我も蟄居を解くとせん
>> 支部だより吟行 名前: 竹内万希子 [2020/05/16,23:16:13] No.2014
はるけしや寸馬豆人牧開


支部だより吟行 名前: 平田冬か [2020/05/14,15:08:59] No.1980 返信 (t)
障るもの無き茶畑やつばくらめ 冬か


画像タイトル:img20200514123552.jpg -(159 KB)

支部だより吟行会選句その10 名前: 純一郎 [2020/05/14,12:35:52] No.1979 返信 (t)
かなり間を空けての選句発表します。
緊急事態で6月号の校正も教子と2人でしており、その他オンライン例会の準備や各支部句会の選句選評、総合誌選句選評、本業での海外とのやり取りなど、結構毎日しなければならないことがあります。
一点、注意させていただきますが、この支部だより吟行会も正式な支部句会ではありませんが、ここに出して入選した句を他の支部句会に投句することは止めてください。私が一度選句した句は類句となります。
最終的に「かつらぎ」誌に投句する場合のみ認められます。


画像タイトル:狭山のお茶畑です -(105 KB)

支部だより吟行(ピンチヒッター) 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/13,15:39:57] No.1966 返信 (t)
紫水さんの詩情豊かな写真をお待ちしつつ、ピンチヒッターです。
地元狭山茶の茶摘みの時期になりました。
>> 支部だより吟行 名前: 山崎圭子 [2020/05/13,17:12:04] No.1967
計りしかに茶の畝揃ひ風薫る
撫づるかに茶摘み機や八十八夜
>>  吟行 名前:  紫 水 [2020/05/13,17:38:07] No.1968
日盛りに茶切節の乙女いず
寒冷紗巻き上げており茶畑も
>> 支部だより吟行 名前: 阿部由希子 [2020/05/13,18:25:36] No.1969
茶畑の畝にあまねく日差しかな
茶摘唄口ずさみたき日和かな
>> 無題 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/13,20:39:48] No.1970
高浜虚子が武蔵野探勝吟行を昭和5年から14年に掛けて、百回も行いました。ホトトギスの多くの高名俳人が参加、虚子が後日一冊の本に取り纏めています。「武蔵野探勝」です。
その中の1句
  家毎に焙炉(ほいろ)の匂ふ狭山かな  虚子
があります。
>> 支部だより吟行 名前: 野村親信 [2020/05/13,21:31:31] No.1971
防霜のファンが頼りの茶の畑
機械では摘めぬ高級新茶かな
今年また馴染みの茶舗の新茶来る
>> 支部だより吟行 名前: 長谷阪節子 [2020/05/13,22:49:47] No.1972
彰宏  様  課題有難う御座います。

茶畑にあかね襷も笠も見ず
茶処の畑は広々茶を摘める
武蔵野にあまねく日差し茶摘み時
>> 支部だより吟行 名前: 平田冬か [2020/05/14,05:36:15] No.1973
彰宏さん写真のアップ有難うございます。

さあ摘めとこそ輝ける茶山かな  冬か
>>  支部吟行だより 名前:  紫 水 [2020/05/14,08:50:52] No.1974
若芽茶摘細き指にはかなわなず
>> 無題 名前: 安藤悠木 [2020/05/14,08:52:43] No.1975
寒冷紗巻き茶畝陽をほしいまま
畝の間に茶摘機しるきあかね色
晴れた日は雪の富士在す茶摘かな
>> 支部吟行 名前: 村手圭子 [2020/05/14,09:27:07] No.1976
彰宏さま
 ありがとうございます。いろんな所へ私の心が遊びに行ってます。
茶摘み女に武蔵野の空広きかな
この丘の続きは学府茶を摘める
伊賀大和なほ奥に嶺々茶を摘める
>> 支部だより吟行 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/14,09:28:46] No.1977
 茶覆ひを巻き上げ手摘み待つばかり  彰宏
 手入れよく大虚子訪ひし茶園とか   彰宏
>> 支部だより吟行 名前: 塚康文 [2020/05/14,12:16:41] No.1978
宇治なれば河川敷までお茶畑

寒冷紗二重に覆ふ宇治茶園

崖際まで大和高原お茶畑
>> 支部だより吟行 名前: 角山 隆英 [2020/05/14,17:11:27] No.1981
一心一葉いま摘み時と茶葉ひかる

(出句、少し遅くなりました!)
>> 支部だより吟行 名前: 木村由希子 [2020/05/14,22:12:47] No.1987
武蔵野にミューズの気配新樹光
さみどりの一芯二葉一番茶
人情に厚き狭山の茶摘時

遅くなってしまいましたが、一応投句します。
古谷様、紫水様、素敵な写真をありがとうございました。
>> 支部だより吟行・茶園 名前: 古谷  彰宏 [2020/05/15,07:10:49] No.1990

 機械摘み手摘みをすべきお茶なるに  彰宏
>> 支部だより吟行 名前: 斎藤 利明 [2020/05/15,17:20:23] No.1999
畝青くふふむや茶摘み待つばかり


支部だより吟行 名前: 野村親信 [2020/05/09,16:54:03] No.1954 返信 (t)
開拓史繙く裔の夜長かな
海に果つ開拓の道タンポポ黄
赤い屋根コタンへの道夏来る


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!