[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]


(new) 画像タイトル:img20180404075520.jpg -(98 KB)

失敗でした 名前:  紫 水 [2018/04/04,07:55:20] No.877 返信 (t)

 前の福寿草は新年の季で、間違いでだした。

 4月号のどこかに 青い芥子 とありましたので。



(new) 画像タイトル:img20180403094308.jpg -(150 KB)

 福寿草 名前:  紫 水 [2018/04/03,09:43:08] No.875 返信 (t)

 四月号受け取りました。

 なんと 小生の表紙を詠んでくださった

 人が二名おりました。

 (148kb)
>> (new) 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/04/03,17:26:55] No.876
紫水 様

見事な福寿草ですね〜。三輪のバランスが素晴らしいです!

4月号は埼玉県狭山市の我が家には4月2日(月)に到着しました。
>毎月見ている表紙には、全く飽きることがありません。


画像タイトル:img20180319214017.jpg -(Diet 3411 KB→3409 KB)

無題 名前: 太田 明 [2018/03/19,21:40:17] No.871 返信 (t)
このほど100年ぶりに発見され「クマノザクラ」と命名された新種の山桜です。この写真は紀伊半島の南部にあたる新宮市南桧杖の国道168号線沿いで撮影したものです(3月17日)。付近には多くの樹があり青畝の名句「山又山山桜又山桜」を思い出しました。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/03/20,10:20:40] No.872
太田 明 様

見事なクマノ桜の写真、ありがとうございます!
NHKのテレビで放送されていました。
>> (new) 無題 名前:  紫 水 [2018/03/20,11:32:06] No.873
 
 北海道でも放映されてました。

 もう咲くのは早いですね。

 

  
>> (new) 熊野桜 名前: 森田教子 [2018/03/26,11:07:19] No.874
太田明様

先日はFacebookにも投稿ありがとうございました。
支部だよりにあげて頂き、皆さんにも見てもらえて、嬉しいです。
ありがとうございました。

新宮の季節の風景、また、お知らせ下さい。
支部の皆様にもよろしく。


画像タイトル:大池越しに旧燈明寺三重塔を臨む -(49 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,09:52:55] No.862 返信 (t)
「三渓園は国指定の名勝なのですが、入園料が700円とは高いね」という率直な声が多かったです。
大池には残り鴨が散らばっていました。

>> 無題 名前:  紫 水 [2018/03/19,13:56:54] No.869
 久しぶりに句会報拝見しました。
にぎやかそうでいいですネ。
この写真ではバックにどこかの寺の塔が見えます。

>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,15:36:22] No.870
紫水 様
北海道から、コメントを頂き有難うございます!

この三重塔は室町時代1457年の建築で、京都木津川市の燈明寺(廃寺)から大正3年に移築された由です。関東地方にある木像の塔では最古だそうです。
苑内には燈明寺本堂や奈良法華寺から移築(伝)の横笛庵、鎌倉東慶寺から移築の旧東慶寺仏殿、桃山時代1591年建築の旧天瑞寺寿塔覆堂(秀吉が母の長寿祈願の為、京都大徳寺に建てさせた寿塔=生前墓を納める為の建物)などなど重要文化財が沢山あります。
梅の花は終り、そろそろ桜が開き始める頃でした。


画像タイトル:横浜開港記念館での句会 -(51 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:40:40] No.866 返信 (t)
一日中寒い3月17日(土)の吟行でしたが15名が出席されました。
地元横浜の水野裕子さん、武市洋子さんが久し振りに参加されたのも嬉しい吟行でした。(水野裕子さんは習字の大先生でいつも御多忙。10月の全国同人大会では、主宰・副主宰・地区同人会長などの名前を書いて頂くことになっています)

5月12日(土)の第88回関東同人会の開催案内状が配布されて、純一郎先生が御多忙の中を御参加くださり、靖国神社・千鳥ヶ淵・北の丸公園などを御一緒に吟行されること報告されました。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:47:10] No.867
写真は後列左より
野村親信、和田公子、古谷多賀子、武市洋子、水野裕子、本多悠天、
本間あや子、進藤沙世子、栗原勝風
前列左より
若松歌子、木下喜代子、和田容子、吹本田鶴子、小菅よしえ
の皆さんです。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:56:16] No.868
句会後に恒例の「かつらぎ例会報の勉強会・2月分」が行われました。
皆さんの心に響いた1句は次の通りです。

 甲山いよいよ丸く春来たる    雛あられ鮑の殻に磯祠
 けものめくなる掛声や寒稽古   埋火の埋火のまま尉となる
 みどりごに指にぎられて日向ぼこ 向き変ふる介護のベッド日脚伸ぶ
 残り火の如くに寒の緋鯉かな   久女忌や昔はわれも足袋継ぎし


画像タイトル:合掌家の内部・飛騨彫刻の扇の欄間 -(51 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:26:06] No.865 返信 (t)
屋根替えの真っ最中にも、合掌家の内部は公開されていました。

たまたま内部のボランティアガイドが野村親信さんの友人でゴルフ仲間。
よく燃えている囲炉裏を囲んで、詳しい説明をして頂きました。
農家ながらも矢篦原家は天領を視察する郡代を迎える家柄故に建物も格別
の造り(四人担ぎの籠横付けの玄関・一間半の床の間・飛騨彫刻の欄間など)


画像タイトル:白川郷から移築の合掌家の屋根替 -(50 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:14:50] No.864 返信 (t)
飛騨三長者の矢箆原家(やのはらけ)の百坪という豪勢な合掌造りが屋根替えの真っ最中でした。
トラックが滋賀ナンバーなので、ボランティアのガイドに伺ったところ材料の茅は琵琶湖周辺から、屋根替え職人の親方は女性で岐阜から来ているとのことでした。
電動の鋸で茅束を切り揃えていました。

吟行は、このように思いもしない季語に出会えるのが嬉しいですね〜。


画像タイトル:高濱虚子の句碑 -(50 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,10:01:42] No.863 返信 (t)
池畔には、昭和3年3月に苑内で虚子が作った句、

  鴨の嘴(はし)よりたらたらと春の泥   虚子

の句碑がありました。

「たらたらと」が出来そうで出来ない表現と痛感しました。



画像タイトル:横浜・三渓園 -(50 KB)

東京支部句会・3月吟行横浜三渓園 名前: 古谷彰宏 [2018/03/19,09:44:36] No.861 返信 (t)
3月17日(土)三寒の一日でしたが15名が参加。
三渓園は、製糸・生糸などの貿易で財をなした原三渓が作った広さ約5万3千坪の日本庭園です。
京都や鎌倉、白川郷などから移築された歴史的建造物などが点在しています。


画像タイトル:img20180313113739.jpg -(104 KB)

 お騒がせ 名前:  紫 水 [2018/03/13,11:37:39] No.859 返信 (t)

 春近しです。

 雪解原です。 これで早く雪溶けます。

 三角屋根です。 (103kb)
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2018/03/15,20:57:24] No.860
紫水 様

北海道もようやく雪解けが始まったのでしょうか?

赤い三角屋根が印象的ですね〜。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!