画像タイトル:百々手式の装束 -(56 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2018/02/13,00:48:39] No.840
 蟇目の儀に続き百々手式の歩射がありました。
百々手(ももて)式とは、10人の射手が10手(1手は甲矢乙矢の2筋)を射って合計百手となることからです。
 ここでは6人ずつ2回の歩射が行われました。所作一つずつとてもゆっくりしていてもどかしい気もしました。6人が一列に並びそこから一人ずつ等間隔の間をおいて矢を射るのです。
 画像は射手の装束です。黒烏帽子に男性はいろいろな模様の直垂、女性は水干で、浅沓です。甲矢乙矢に弓、懐紙と中啓を持っています。端の方の弓は重藤です。

 黒烏帽子色直垂の射初式   太刀持の控へてをりて射初の儀

又熱田の森では
 
 信長塀あたりうろうろ恋の猫  大御神拜すにマスク外しけり

 恐竜の爪とも蘇鉄霜囲     楽勝と二文字大書受験絵馬

 謂れ記し不開門は凍てて建つ  笹鳴や開かずの門を開けて欲し

 
>> 射初式 名前: 森田教子 [2018/02/17,11:38:41] No.841
古式に乗っ取った珍しい射初式の写真、ありがとうございます!
どれも、春がもうすぐそこまで、という明るさを感じる写真ですね。

百射で邪気を払うのですね。

塩の道吟行会の皆様の益々のご健吟をお祈りします。


[返信しないで戻る]