[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]


画像タイトル:img20170705154057.jpg -(174 KB)

夕凪 名前:  紫 水 [2017/07/05,15:40:57] No.622 返信 (t)

  ちょっと騒わがせすぎですが・・・。

 一部好評なので、その気になって。

 忍路 海岸(札幌から小樽方面へ余市 手前です)

 はて、 忍路 はなんと読むでしょう?


画像タイトル:img20170623172619.jpg -(Diet 520 KB→518 KB)

都忘れ 名前:  紫 水 [2017/06/23,17:26:19] No.619 返信 (t)

 いい名前ですが、撮ったのは

 テッセンです。 が、都忘れもバックにあり。

 ついに野鳥撮影から庭の花を撮る歳になった。

 ちょっと、投稿しすぎです。

>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/06/25,09:15:44] No.620
紫水 様

何時もながら、素晴らしい季節の写真を掲載くださり、ありがとうございます!
テッセンもミヤコワスレも涼しそうな色ですね〜。
>> 鉄線 名前: 森田教子 [2017/06/26,10:01:52] No.621
紫水さん、プロ級の写真投稿、ありがとうございます。
蒸し暑い日本列島に、涼しさを頂きました。
植物にもお詳しいですから、野鳥も植物もどちらの投稿も
お待ちしています。


画像タイトル: あつっ桜 -(Diet 813 KB→812 KB)

ちょっとおじゃまですが 名前:  紫 水 [2017/06/18,11:10:27] No.617 返信 (t)

 北海道から北東に小さな島が

 点々とアラスカまでならんでいます。

 そのずぅ〜と先の方にアツッ島があり、

 そこで咲く桜だそうです。

>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/06/18,17:52:38] No.618
紫水 様

「アッツ桜」という「山野草」ですね。
初めて見ました。花びらが5枚や6枚なのですね。


画像タイトル:三鷹芸術文化センターでの句会 -(47 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,15:10:14] No.615 返信 (t)
6月15日(木)太宰忌に因んで玉川上水周辺や墓所のある禅林寺などを吟行致しました。出席者 14名でした。句会後に「かつらぎ例会報」勉強会を行いました。
   心に響いた写生句です:
 機窓より北の大地の緑濃し    時計台ある北の町明易し
 いやいやをして触れさせぬ袋角  玉座曳くごとく玉虫曳かれゆく
 だんじりの海へ練り込む浦まつり 緑陰の広し誰かに来てもほし
 蛍火や闇に落書するごとく    仮に置く歩板は水鶏聞けとこそ


画像タイトル:太宰治の墓碑 -(50 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,14:57:07] No.614 返信 (t)
三鷹・禅林寺にある太宰治の墓碑です。(すぐ近くに森林太郎・鴎外の墓碑があります)
6月13日に入水、6月19日に発見されたので、太宰忌は6月19日(誕生日)とされています。
太宰治は特に若い人に人気があるせいでしょうか、供華は若者好みの洋花ばかりでした。
>> 無題 名前:  紫 水 [2017/06/17,17:24:58] No.616

津軽の文人ですネ。

 玉川上水と覚えてます。

 又吉のエッセイーだとかたくさんファンがいるらしい。

 こちらはようよう半袖の人もいる。

 


画像タイトル:真白な紫陽花 -(50 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,14:49:07] No.613 返信 (t)
玉川上水。太宰が愛人と入水したと伝わる辺りの川縁に、太宰忌に合わせたように真白な紫陽花が盛りを迎えていました。


画像タイトル:太宰が入水したあたりに「くちなしの花」が -(51 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,14:42:33] No.612 返信 (t)
玉川上水路の両側は鬱蒼とした樹木で覆われています。そんな中で入水したと伝わる辺りでしょうか、くちなしの花が香っていました。どなたかが植えたものか或いは、花束のくちなしが根付いたのか。


画像タイトル:三鷹橋と紫橋との間にある「玉鹿石」(ぎょっかせき)です。 -(50 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,14:35:40] No.611 返信 (t)
太宰治が6月13日に玉川上水に愛人と一緒に入水したと伝わる辺り(「三鷹橋」と「むらさき橋」の間)に故郷の津軽から運ばれた「玉鹿石」(ぎょっかせき)が置かれてあります。


画像タイトル:玉川上水の案内図 -(49 KB)

6月の東京支部句会・太宰忌に因んで 名前: 古谷彰宏 [2017/06/17,14:27:58] No.610 返信 (t)
6月15日(木)玉川上水周辺や太宰治や森鴎外の御墓のある禅林寺などを吟行致しました。
写真はJR三鷹駅近くの玉川上水にかかる三鷹橋にある玉川上水と太宰治との関係などを記した案内図です。


画像タイトル:菖蒲苑 -(40 KB)

塩の道吟行句会 名前: 山崎圭子 [2017/06/12,17:33:54] No.604 返信 (t)
 花菖蒲祭りの最中で、お茶会があったりして賑わっていました。
 菖蒲苑の向こう側に油ヶ淵はあり愛知県最大の自然湖で、モーターボート練習場にもなっています。川鵜が泳いでいたり、鯵刺の急降下して漁る一瞬を見ることもできました。鰡が盛んに跳んでいました。
   太鼓橋見所としたり菖蒲園
   畔低く橋は反らせて菖蒲園
   鯵刺の槍の如くに水を打つ
   鯵刺の失速したる如く墜つ
   小気味よくホップステップ鰡跳べり
   ショータイムあるかの如く鰡とべり
>> 塩の道吟行句会 名前: 森田教子 [2017/06/12,17:53:25] No.607
塩の道吟行句会の様子、お知らせくださってありがとうございました。
ひょんの笛、どれも良い音が鳴りそうですね。
鯵刺、鰡・・・沢山の季語との出会いを、皆さんの句から楽しませて頂きました。
また、次回もお待ちしています。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/06/16,21:23:39] No.609
山埼圭子 様

御無沙汰しています。
素晴らしい俳句環境なのですね。

アジサシは昔、琵琶湖で目撃したことがあります。
何度も何度も空中から水の中へ突入していました。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!