[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]


画像タイトル:2004年10月の許六の墓 -(51 KB)

琵琶湖周辺吟行 名前: 古谷彰宏 [2017/10/07,14:15:44] No.703 返信 (t)
2004年10月、約13年前の森川許六の墓の写真がありましたので、御参考に掲載致します。


画像タイトル:木彫りの里の炭焼小屋 -(50 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:49:23] No.700 返信 (t)
9月30日 吟行二日目の最終吟行地は、木彫りの里です。

十年以上前、彰宏が彦根に単身赴任していた頃に時々訪ねた場所です。 ほととぎす、芋水車、梅花藻、炭焼きなど、当時は「俳句の人」と呼ばれてすっかり親しくして頂きました。
醒ヶ井養鱒場が上流にある木彫りの技術者集団が住んで居られる里です。

これから彦根に戻り、中華料理の夕食後、10句投句の互選句会です。


画像タイトル:梅花藻の咲く地蔵川 -(50 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:37:49] No.699 返信 (t)
9月30日 醒ヶ井の清水の流れに、去り難い気分でした。

ハリヨと指さされる地蔵川は、本当に澄んでいました。
写真は地蔵川の梅花藻です。

近くの西行法師の泡子塚に立ち寄り、木彫りの里へ。


画像タイトル:醒ヶ井の謂れ書 -(51 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:32:19] No.698 返信 (t)
この説明書の直下に清水が湧いています。甘い清水です。
皆が柄杓で掬った清水を茶碗で飲み干しました。

ハリヨも水槽に飼われています。


画像タイトル:湖北の芋水車 -(50 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:27:54] No.697 返信 (t)
9月30日 醒ヶ井宿・地蔵川の芋水車です。

芋水車が掛かっていれば良いなあ〜。と出発前から気にかかっていましたが、果たして掛けてくれていました。本当に有り難いことでした。
関東の皆様に芋水車を見て貰って良かった! 実感です!


画像タイトル:醒ヶ井宿・地蔵川の梅花藻 -(50 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:23:19] No.696 返信 (t)
醒ヶ井宿・地蔵川の梅花藻です。ハリヨがすむ清流です。


画像タイトル:二の簗の簗番屋の前にて -(50 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:15:50] No.694 返信 (t)
二の簗の番屋も高床の畳が泥だらけになっていました。

簗番屋は再起不能の雰囲気でもありました。
でも春の上り簗では、きっと復活されると思います。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:19:42] No.695
写真は左から、進藤沙世子さん、水野弘子さん、和田公子さん、岡本あざみさん、野村親信さん、和田容子さん、坂口恵子さん、古谷彰宏、栗原勝風さんです。


画像タイトル:姉川の二の簗場 -(49 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:11:38] No.693 返信 (t)
8月初めの集中豪雨で簗小屋の胸の高さまで、水に漬かったそうです。
折角、春に遡上した鮎が上流で育って無事に下るのか心配です。

写真は、二の簗と呼ばれる少し上流の崩れ簗です。


画像タイトル:姉川の簗場 -(48 KB)

関東同人会有志による琵琶湖周辺吟行より 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:00:36] No.691 返信 (t)
9月30日第二日目は、レンタカー3台に分乗して、湖北野鳥センター、姉川の簗場、醒ヶ井宿、木彫りの里を吟行しました。
一号車運転の彰宏の記憶違いとカーナビの不調により、大幅に遠回りのドライブになりましたが、大らかな皆様と琵琶湖湖岸道路の景色に救われました。
野鳥センターでは、ミサゴという鷹がエリ(魚編に入)の棒先にじっととまっているのをセンターの職員が望遠鏡で見せてくれました。鷹の渡りが見えずに残念でした。
写真は姉川の「行燈仕掛け」の一の簗場です。水が少なかったです。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,11:05:04] No.692
水が少ないので、行燈仕掛けの入口を身近に見ることが出来ました。
貴重な機会でした。

小さく映っている後ろ姿の写真は、左から和田公子さん、野村親信さん、進藤沙世子さんです。


画像タイトル:玄宮園 -(50 KB)

無題 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,10:09:36] No.689 返信 (t)
彦根城の急階段を汗をかきながらよじ登り天守閣へ。琵琶湖の風が涼しく、エリ(魚編に入)を見ることが出来ました。
短日の急な階段を降りて、玄宮園へ。
池の多い玄宮園では、「虫を聴く会」の為か、虫行灯があちこちに据えてありました。
写真は玄宮園から望む天守閣です。

これから夕食、10句投句の互選句会です。
>> 無題 名前: 古谷彰宏 [2017/10/03,10:15:45] No.690
さすがに、かつらぎ俳人、素晴らしい写生句が数々披露されました。
関東同人会有志と中四国同人会の坂口恵子さん合同の琵琶湖周辺吟行の第一日目は無事に終了です。


( ★買取価格.com )

Ti Factory





   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!